Appleは、今年の5月に設立した米国内の製造企業支援のための10億ドル(約1,131億円)の基金から、TrueDepthカメラの構成部品メーカーのFinisarに3億9千万ドル(約440億円)を投資することを発表しました。

来年に向けてFinisarの生産能力を拡大

iPhone XのTrueDepthカメラのコンポーネントである垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)は、Face IDなどの3Dセンシングを行なうのに欠かせません。
 

Finisarの製造現場の装置の一つ


 
現在2番目に大きなVCSELの製造企業であるFinisarは先週、米国テキサス州のシャーマンに700,000平方フィート(東京ドーム約1.4個分)の製造プラントを購入したことが伝えられました。
 
Appleが立ち上げた先端技術に取り組むメーカー向けの基金からの3億9千万ドルの授与は、Finisarの500人の雇用創出につながり、「テキサス州シャーマンはVCSEL製造の首都になる」とAppleは公式ウェブサイトの記事の中でコメントしています。
 

シャーマンの街


 
なお基金からの出資を受けた企業第1号はCorningでした。
 
Finisarの生産能力拡大は、すべてのiPhoneモデルにTrueDepthカメラが搭載予定の来年に向けての準備の一貫だとみられており、2018年下半期にもシャーマンで製造されたVCSELの出荷開始が予想されています。
 
 
Source:Apple via AppleInsider
(lexi)