(編集・制作 (株)法研)

真冬は肌のバリアケア強化の季節です。
化粧水や美容液で水分をたっぷり補い、オイルなどでフタをする。空気の乾燥など環境にも注意して。

どうして乾燥肌になるの?

寒く乾燥する季節になりました。寒さで皮脂も出ないし、お肌はカサカサ。だから、肌の潤い補給をしなくちゃ、って思っている人も多いのでは? それも間違いではないんだけれど……。潤いを与えても与えても、「乾く」という声を多く聞きます。そして肌の潤いは外から補うものって、勘違いしている人が意外に多いようです。

まず、肌の水分などの潤いはどこからやってくるのかといえば、体内からです。そもそも潤いは、化粧品で与えるものではなく、肌の内側からにじみ出てくるもの。人の体は70%が水分でできていて、どんなに乾燥肌の人でも、それらは肌へもたっぷり配られているんです。では、なぜ乾燥するのか? それは肌の一番上にある角質層(角層)にたくさんの隙間ができてしまっているからなんです。

肌の表面・角質層の役割とは?

角層とは、外敵や刺激を体内へ侵入させないように身を守るために全身の皮膚を覆う膜のようなもので、鎧(よろい)みたいな役目をしています。それはとても薄いのですが、本来は丈夫です。また外敵から身を守ると同時に、内側にある水分などが必要以上に奪われないようストッパーの役割もしています。それは若々しい元気な皮膚細胞を生み育てるためには、水分や脂質などの潤い成分が欠かせません。角層のそういった役割は、一般的に「バリア機能」と呼ばれています。

乾燥肌を放っておくとトラブル肌に!?

ところが、加齢や乾燥、紫外線、間違ったお手入れなどで刺激が加わると、角層の細胞同士の結束が乱れ、隙間ができてバリア機能が働かなくなってしまうのです。すると、その隙間から水分がどんどん蒸散してしまい、内側から潤いが補われても水分の蒸散に追いつかなくなると、乾燥してしまうのです。つまり乾燥肌=バリア力が弱いということ。必要な水分がなければ、新しく生まれてくる皮膚細胞はひ弱です。
それだけではありません。肌表面の隙間からいろいろな刺激が内側へ侵入し、炎症を起こします。そういうことが長期間続くと、老化は一気に進んでしまうのです。「乾燥は老化の第一歩」、といわれているのは、こういう理由からです。

だから、乾燥対策は外から潤いを与えただけでは解決しません。目指すべきなのは、隙間のない丈夫な角層づくりに尽きます。

乾燥肌を改善するスキンケアのコツ

ではどうするか。実はとてもシンプルです。まず、乾燥肌は水分が足りないので、化粧水や美容液などでたっぷり補います。さらにバリアの働きをするセラミドなどの脂質も足りなくなっているので、外部の刺激をシャットアウトし、内側からの水分の蒸散を防ぐために、油分の入ったクリームや乳液、オイルなどでフタをします。
このシンプルな基本ケアを、朝と晩、とくに朝たっぷり行います。なぜなら乾燥も刺激を受けるのも、日中が多いからです。朝手を抜いて、パリパリに乾燥してしまった肌は炎症を起こしやすく、夜あわててたっぷり保湿しても手遅れです。

また、乾燥肌は刺激に弱くなっているので、低刺激のコスメを選ぶべきと言えるでしょう。炎症を抑えバリア機能を高める作用のあるクリームや美容液も登場しているので、乾燥が改善されない人は、そういったものを選んで使うことをおすすめします。

お部屋の環境や生活の中にも注意が必要!!

さらに、環境も大切です。空気を乾燥させないよう、加湿器や観葉植物を部屋に置きましょう。暖房器具は温風タイプほど肌から水分が奪われます。とくにシャンプー後のドライヤーは肌の水分を奪うので、顔に熱風が当たらないように注意し、保湿してから当てるとよりベター。
よく乾燥肌は熱いお湯で洗顔してはいけないといわれるのは、余分な皮脂だけでなく肌の内側の大切な脂質まで溶け出すことがあるからです。体温と同じくらいの微温湯(37〜38度)で洗ったほうがいいというのは、そういうわけなんですね。また、夜にしっかり汚れを落としているなら、朝は睡眠中の汗やほこり、前夜のスキンケアで塗ったコスメを洗い流すくらいの軽い洗顔で十分です。

こうして、潤いをキープする力がない肌は、とりあえず外部から水分と油分を補い、細胞の環境をよくしてあげると、もう一度丈夫な細胞を作り始めます。すると、表皮細胞がすべて入れ替わる1カ月近くでバリア力が戻ってくるはずです。
バリア機能が正常な肌は、冬場でも極端に乾くことはなくなり、適度な保湿でも潤い、それが長時間続きます。なにより、肌表面が滑らかで透明感が出て、見た目にもイキイキしてくるのがわかります。

これからは、乾燥肌のスキンケアの狙いは「バリアを強化すること」。そう頭を切り換えて保湿してみてくださいね。

※この記事は2010年1月に配信された記事です