イチロー【写真:Getty Images】

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…8月にイチローが放った“不老の特大弾”

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は米大リーグ(MLB)で8月にマーリンズのイチロー外野手が放った「怪物級の特大432フィート弾」だ。敵地の一戦に代打で登場し、432フィート(約132メートル)という特大3ランで勝利に導いた。43歳の衰え知らずの一発にMLB公式ツイッターは動画付きで「イチローのパワーを見くびるな」と紹介。MLB通算216勝のカート・シリング氏が「怪物級のパワーだ」と絶賛するなど話題を呼んだ。

 43歳にして、イチローの肉体は衰えを知らない。そう思いたくなるような特大弾を放ったのは、8月22日の敵地フィリーズ戦。ダブルヘッダーの第1試合、3-3で迎えた7回1死一、二塁だった。

 代打で登場した背番号51。すると、フィリーズ先発の右腕ノラの5球目、92マイル(約148キロ)のツーシームに反応した。うまく体重移動し、パワーをバットに乗せて強振。真芯で完璧に捉えた。打った瞬間、それと分かる打球。高々と舞い上がった白球は失速することなく、右中間の最深部に届く3号3ラン。これが、そのまま決勝弾となった。

 しかし、中継した実況をはじめ、ベンチ、塁上のチームメート、スタンドの日本人ファン、誰もが大興奮となっても唯一、表情が変わらないのが、当の打った本人。クールにダイヤモンドを一周する姿がなんともイチローらしい。

ファンから驚きの声が続々「高級ワインのよう」「この男は不老だ」

 そんな一部始終を、MLB公式ツイッターが「イチローのパワーを見くびるな」と動画付きで紹介。MLBのデータ解析システム「スタットキャスト」公式ツイッターでは、初速が100.3マイル(約160キロ)、発射角度は29度飛距離は432フィート(約132メートル)の特大弾だったことを伝えると、コメント欄ではファンから驚きのコメントが続々と上がっていた。

「高級ワインのようだ」「この男は不老だ」など驚きの声が……。さらに、メジャー通算216勝の大投手、カート・シリング氏も「もしイチローが40本塁打を望めば、彼は打つことができるだろうと、1998年に聞いたことがある。怪物級のパワーだ」と自身のツイッターで絶賛した。

 巧みな技術で量産してきた安打のみならず、本塁打で魅了したイチロー。直近3年は1本にとどまっていた本塁打も、この日の3号特大弾で、今季は3本塁打と健在ぶりを示した。今季限りでマーリンズをFAとなり、所属先は決まっていないが、衰え知らずの背番号51が、来季もメジャーのグラウンドで躍動するところを見たい。