実は食べられる!ブロッコリーの芯でもう1品レシピ

写真拡大

季節を問わずスーパーで販売されているブロッコリーですが、もっともおいしいのは冬のいまの時期といわれています。サラダや炒めものなど、いろんな料理に使えるけれど、茎の部分は捨てがち…。そこで、茎をおいしくいただけるレシピをご紹介します。

おつまみにもピッタリの中華風味

フライパンを使わずに作れる中華風味の和えものレシピ。

【材料】

・ブロッコリーの茎…1本分

★鶏がらスープの素…少々

★塩…小さじ1/2

★ブラックペッパー…少々

★ラー油…小さじ1/2

★ごま油…小さじ1

【作り方】

1)ブロッコリーの茎を薄い輪切りにする

2)1を耐熱容器に入れ、ラップをしたら電子レンジ(500W)で、5分程度加熱する

3)ボウルに★の材料を入れてよく混ぜ合わせたら、2を加えて和えたら完成

ブロッコリーの茎は、加熱しすぎると食感が悪くなるので、様子を見ながら調整してください。おつまみや小鉢にちょうどいいですよ。

コクと風味がいっぱいのスープ

ほんのりにんにく風味で、野菜の甘みなども楽しめるスープです。

【材料】

・ブロッコリーの茎…2本

・たまねぎ…1/2個

・にんにく(チューブタイプ)…少々

・粉チーズ…適量

・バター…大さじ1

・コンソメ…少々

・牛乳…300cc

・水…適量

・塩コショウ…少々

【作り方】

1)ブロッコリーの茎を茹でる

2)1とたまねぎをざく切りにして、フライパンにバターをひいて炒める

3)2ににんにくと水を加えて、5分ほど煮立たせる(水は具材が浸る程度)

4)粗熱をとった3をフードプロセッサで滑らかになるまで攪拌する

5)4と牛乳を鍋に入れ、塩コショウ・粉チーズで味を調えたら完成

スープにしたら、ブロッコリーが苦手な子どもでも食べてくれるかも!?

歯ごたえのある食材できんぴらに

最後のレシピは和風のきんぴら。おかずにピッタリなので、覚えておくと便利です。

【材料】

・ブロッコリーの茎…1本分

・にんじん…1本

・ごぼう…1本

★味噌…大さじ1

★みりん…大さじ1

★酒…大さじ1

★砂糖…大さじ1/2

★しょうゆ…小さじ1/2

・ごま油…適量

【作り方】

1)ブロッコリーの茎、にんじん、ごぼう、それぞれ皮をむき、千切りにする

2)フライパンにごま油をひき、にんじんとごぼうを炒める

3)2にブロッコリーの茎を加えて、さらに炒める

4)★の材料をすべて混ぜ合わせる

5)具材に火が通ったら、フライパンに4を加えて軽く炒めたら完成

夕飯のおかずはもちろん、お弁当にも使えますよ。

捨てがちなブロッコリーの茎も、工夫次第でおいしい料理に変身。茎の部分は栄養豊富ともいわれているので、残さずいただきましょう!

(文・山手チカコ/考務店)