専用のそりでコースを滑走する「氷上のF1」ことボブスレー【写真:Getty Images】

写真拡大

ロンドン五輪代表ら陸上出身女子3人が平昌五輪出場…まるで映画「クールランニング」?

 来年2月に開幕する平昌五輪で、ナイジェリアの女子ボブスレーチームが、同国初となる冬季五輪出場が決まり、世界で話題を呼んでいる。英公共放送「BBC」が報じ、公式フェイスブックでは“ナイジェリア版クールランニング”ともいうべき、異色の経歴を持つ3人の様子を公開している。

「冬季五輪2018:ナイジェリアの女子ボブスレーチームはメダルを狙う」と特集した記事では「ナイジェリアの女子ボブスレーチームが韓国での2018年冬季五輪で歴史的出場を果たそうとしている。そして、彼女たちはメダル獲得に自信を持っている」と挑戦する3人を紹介している。

 出場を決めたのは、セウン・アディグン、ヌゴジ・オンウメレ、アクオマ・オメオガのトリオだ。ナイジェリアは過去に全競技を通じ、冬季五輪に初めて出場する。「超現実的よね」と語ったパイロットを務めるアディグンは「ナイジェリアは今まで誰も冬季五輪に人を送ったことがなくて、これから起こることにみんなワクワクしているわ」と胸を高鳴らせたという。

 記事によると、3人ともに経歴は異色だ。共通するのは、全員が元トップアスリートということ。アディグンは12年ロンドン五輪で陸上100メートル障害に出場し、ブレーカーのオンウメレは15年陸上世界選手権のリレーで国を代表した。もう一人のブレーカーのオメオガはミネソタ大で陸上選手だった。

過去にはジャマイカの男子チームを描いた映画「クールランニング」が話題に

 いずれも陸上で培った健脚で力を発揮し、現在は世界ランク40位につける。それでも、記事ではメダル獲得に意欲を見せている。「表彰台を目指さずに出場する人間は誰もいません」と語ったアディグンは「私たちのこれまでのプロセスと学習曲線への尊重とともに表彰台に上がることは、切望するものの一つよ」と意気込んだという。

 BBC公式フェイスブックでは、実際に滑走する様子を公開し、躍動感あふれる滑りを披露している。過去には、中米のジャマイカの男子ボブスレーチームが88年カルガリー五輪に出場した物語を映画化した「クール・ランニング」が世界でヒットしたこともあった。

 さまざまな国と地域が、それぞれの境遇からトップを目指し、競い合うのもオリンピックの魅力の一つ。母国の歴史を作った“ナイジェリア版クールランニング”の3人の挑戦は注目だ。