画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ASUS JAPANは12月13日、ゲーミングブランド「ROG」より、15.6型ゲーミングノートPC「ROG ZEPHYRUS」のメモリとグラフィックスを強化した「ROG ZEPHYRUS GX501VI」(型番:GX501VI-GZ019T)を発表した。12月15日より発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は319,800円(税別)。

2017年9月に発表した15.6型ゲーミングノートPC「ROG ZEPHYRUS」のスペック強化モデル。メモリを24GBに増強したほか、グラフィックスをNVIDIA GeForce GTX 1080に強化した。従来モデル同様にNVIDIAのMax-Qに対応した極薄の筐体設計で、1,920×1,080ドット解像度の非光沢(ノングレア)液晶を採用。NVIDIA G-SYNCにも対応する。

冷却システム「Active Aerodynamic System」も継承されており、天板を開くと本体後方底面が持ち上げられ通気孔が顔を出し内部の熱を排熱する。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700HQ(2.8GHz)、チップセットがIntel HM175、メモリがDDR4-2400 24GB、ストレージが512GB NVMe SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080 Max-Q(8GB)。OSはWindows 10 Home 64bit。

通信機能はGigabit Ethernet対応有線LAN、IEEE802.11ac/a/n/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.2。インタフェース類はUSB 3.1 Type-C×1(Thunderbolt 3)、USB 3.0×4、HDMI×1、92万画素Webカメラなど。バッテリ駆動時間は約2.4時間。本体サイズはがW379×D262×H16.9〜17.9mm、重量は約2.2kg。

なお、発売を記念して、ROGオリジナルスーツケースや日本では非売品バックパックなどがもらえる「ASUSゲーミングアクセサリが絶対もらえるキャンペーン」と、「Twitterハッシュタグキャンペーン」も同時開催する。