フェデラー、雑誌「GQ」の「最もスタイリッシュな男」にノミネート

写真拡大

アメリカ版の雑誌「GQ」が選ぶ2017年の「最もスタイリッシュな男(Most Stylish Man of 2017)」に、ロジャー・フェデラー(スイス)がノミネートされている。

雑誌「GQ」は男性向けファッション・カルチャー誌で、現在は世界19カ国で発行されている。

「最もスタイリッシュな男」は、それぞれ「流行のメンズウェア部門」「個性的なファッション部門」「スーツの似合う男部門」「ストリートウェア部門」の4つに振り分けられている。

フェデラーがノミネートされているのは「スーツの似合う男部門」。同じ部門にノミネートされているのは、前大統領のバラク・オバマやカナダの若き首相であるジャスティン・トルドー、バスケットボール選手のレブロン・ジェームズやクリス・ポール、野球選手のアレックス・ロドリゲスに俳優のクリス・パインなど、そうそうたるメンバーだ。

そして、それぞれ1回戦として対戦相手が決められ、WEBで投票が行われている。フェデラーの1回戦の相手は、ベネズエラ出身の俳優、エドガー・ラミレスだ。

1回戦の投票は間もなく締め切られ、続いて2回戦の投票が行われる予定。ちなみに、現時点ではおよそ7割の票を獲得しているフェデラーが圧倒的に優勢となっている。

今回のノミネートに際し、「全米オープン」の公式アカウントはInstagramで「今年、多くのトロフィーと賞を獲得したロジャー・フェデラーは、ここにもう1つ新たなタイトルを加えることができるかもしれない。みんなで投票しよう!」と呼びかけている。また、GQの公式アカウントでもセーターの上にグレーのスーツを着こなすフェデラーの画像とともに「チャンピオンのようにテニスセーターを着こなしている」と公開されている。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「2017年ATPワールドツアー・アワード」に出席したときのフェデラー
(Photo by Julian Finney/Getty Images)