錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

元世界ランク1位ヒューイット氏、マレー&ジョコら大物離脱者に寄せる期待

 男子テニスの世界ランク22位・錦織圭(日清食品)は来季から右手首の故障から復帰し、完全復活に注目が集まる中、かつての世界ランク1位レイトン・ヒューイット氏は、続出した大物離脱者の復帰とともに、来年1月の全豪オープンで錦織ら「トップガイが帰ってくる」と期待している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 今季、終盤戦の男子テニス界はスター選手が次々と故障に倒れるシーズンとなった。アンディ・マレー(英国)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)という元世界ランク1位コンビも故障で離脱。リハビリを進め、新年の復活に向け、調整を進めてきた。

「私は彼らがかつてのように圧倒するかどうかわからない。数年前の状態にただ戻るということも簡単なことではない。でも、私は絶対に彼らを過小評価したりはしない」

 こう語ったのはオーストラリア出身のヒューイット氏だ。グランドスラム優勝2度を誇る36歳は昨年の全豪オープンを最後に現役引退。来年1月の地元開催の全豪オープンで、故障から復帰するマレー、ジョコビッチという「BIG4」と呼ばれる実力者コンビについて、トーナメント終盤にはかつての強さを取り戻すと予測している。

「多くのトップガイが帰ってくる」…錦織ら全豪OP参戦で盛り上がりを待望

「ジョコビッチとマレーはオーストラリアで活躍してきた。暑い気候の中でもロッド・レーバー・アレナでのナイトマッチでも、いいプレーをしてきた。もしも、彼らが第1週目を切り抜けることができるなら、チャンスは広がる。そこからは倒すのが困難な存在になるだろう」

 しかし、全豪で復活するのはこの2人だけではない。ヒューイット氏はこうも語り、「エア・ケイ」の復活に期待を寄せる一人に挙げている。

「興味深い大会だよ。ワウリンカ、ラオニッチ、ニシコリも帰ってくる。今年の後半戦で故障や手術で離脱していた多くのトップガイが帰ってくるんだ」

 世界ランクは最高4位まで上り詰めた錦織も離脱中に22位まで下げた。しかし、米テレビ局CNNも「グランドスラムファイナリストのニシコリも帰ってくる」と大物離脱者の一人として復帰を歓迎することが伝えられていた。

「トップガイ」錦織の故障明けのパフォーマンスも全豪オープンで一つの注目になりそうだ。