フランスの著名画家クリスチャン・ピアシュ(Christian Poirot)氏は12日、江蘇省の南京利済巷慰安所旧跡陳列館に「慰安婦」を題材にした油絵5点を寄贈した。

写真拡大

フランスの著名画家クリスチャン・ピアシュ(Christian Poirot)氏は12日、江蘇省の南京利済巷慰安所旧跡陳列館に「慰安婦」を題材にした油絵5点を寄贈した。新華網が伝えた。

【その他の写真】

今回寄贈された油絵は「苦痛の叫び」や「体験」、「地獄の目」、「『ノー』という女」、「平和のために努力する南京」となっており、そのうち4作品は今年ピアシュ氏が南京利済巷慰安所旧跡陳列館を訪れ、約1カ月かけて描き上げた作品だということだ。ピアシュ氏は、「自分の絵で人類が平和のためにともに努力することを呼びかけたい」とした。(提供/人民網日本語版・編集TK)