日本代表選手の着用スパイクまとめ(E-1選手権2017)

写真拡大

東アジアのNo.1を決める「EAFF F-1フットボールチャンピオンシップ2017」。

日本代表はここまで2試合を戦い、北朝鮮と中国を相手に連勝。2大会ぶりの優勝がかかる16日(土)の韓国戦を前に、今大会の招集メンバー26名が現在着用しているスパイクを調べてみた。

1.東口順昭(GK/ガンバ大阪)

プーマ ワン 17.1

2.井手口陽介(MF/ガンバ大阪)

ナイキ ハイパーヴェノム ファントム III

3.昌子源(DF/鹿島アントラーズ)

ナイキ ティエンポ レジェンド VII

4.谷口彰悟(DF/川崎フロンターレ)

プーマ ワン 17.1

【次ページ】青系スパイク多し!

5.車屋紳太郎(DF/川崎フロンターレ)

プーマ ワン 17.1

6.三浦弦太(DF/ガンバ大阪)

ナイキ ティエンポ レジェンド VII

7.倉田秋(FW/ガンバ大阪)

ナイキ ハイパーヴェノム ファントム III

8.郄萩洋次郎(MF/FC東京)

ナイキ ティエンポ レジェンド VII

【次ページ】GK中村はadidasのアジリティ系モデル!

9.川又堅碁(FW/ジュビロ磐田)

アディダス エックス 17.1 LE

10.大島僚太(MF/川崎フロンターレ)

ミズノ モレリア 2

11.小林悠(FW/川崎フロンターレ)

プーマ ワン 17.1

12.中村航輔(GK/柏レイソル)

アディダス ネメシス 17.1

【次ページ】鹿島勢は赤が多め

13.土居聖真(FW/鹿島アントラーズ)

ナイキ ハイパーヴェノム ファントム III

14.伊東純也(FW/柏レイソル)

プーマ ワン 17.1

15.金崎夢生(FW/鹿島アントラーズ)

ミズノ レビュラ V1 JAPAN

16.三竿健斗(MF/鹿島アントラーズ)

ナイキ ティエンポ レジェンド VII

【次ページ】初招集の阿部は鮮やかなカラー!

17.今野泰幸(MF/ガンバ大阪)

アディダス エックス 17.1 LE

18.阿部浩之(FW/川崎フロンターレ)

プーマ エヴォスピード 17.SL K LTH

19.初瀬亮(DF/ガンバ大阪)

ナイキ マーキュリアル ヴェイパー XI

20.室屋成(DF/FC東京)

ナイキ マーキュリアル ヴェイパー XI

【次ページ】植田は引き続き旧モデルを愛用

21.山本脩斗(DF/鹿島アントラーズ)

アディダス プレデター 18.1

22.植田直通(DF/鹿島アントラーズ)

アディダス エックス 15.1 LE

23.権田修一(GK/サガン鳥栖)

アディダス エックス 17.1

西大伍(DF/鹿島アントラーズ)

ナイキ マーキュリアル ヴェイパー XI

【次ページ】負傷離脱の清武はadidasの最新スパイク!

清武弘嗣(MF/セレッソ大阪)

アディダス プレデター 18+

杉本健勇(FW/セレッソ大阪)

ナイキ ハイパーヴェノム ファントム III


負傷離脱した3選手を除く今大会の登録メンバー23名をメーカー別に並べると以下の通り。

Nike 9人
adidas 6人
Puma 6人
Mizuno 2人

トップはNike。着用選手が多かった順に『ティエンポ レジェンド VII』(4名)、『ハイパーヴェノム ファントム III』(3名)、『マーキュリアル ヴェイパー XI』(2名)となっている。モデル的には3種類だが、赤系の「PLAY FIRE」、青系の「PLAY ICE」という2色展開のためピッチ上では多彩だ。

2位はadidasと並んでPumaがランクイン。先日、悲願のJリーグ王者に輝いた川崎フロンターレはサプライヤーがPumaである関係で契約選手も多く、彼らの大量招集により勢力が一気に拡大した。快速ウィンガーとして右サイドで光るプレーを見せている伊東純也を含め、今大会ではアトミックブルーを基調とした『プーマ ワン 17.1』の最新カラーがかなり目立っている。

4位のMizunoは大島僚太が久々に招集。しかし、残念ながら中国戦で負傷し途中交代を余儀なくされた。今大会中の復帰は難しそうだ。