13日、米華字メディアの多維新聞は、13日から始まった韓国の文在寅大統領の中国訪問に関連し、「訪中初日は北京ではなく南京に行くべきだった」と主張している。写真は文大統領。

写真拡大

2017年12月13日、米華字メディアの多維新聞は、13日から始まった韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の中国訪問に関連し、「訪中初日は北京ではなく南京に行くべきだった」と主張している。

文大統領は13日午前、中国・北京に到着した。3泊4日の日程で中国を国賓訪問する。13日に北京入りし、14日は人民大会堂で開催される公式歓迎式に出席した後、習近平(シー・ジンピン)国家主席と首脳会談を行う。15日には李克強(リー・カーチアン)首相、全国人民代表大会常務委員会の張徳江(ジャン・ダージアン)常務委員長とそれぞれ面会してから重慶へ向かい、16日は重慶の大韓民国臨時政府庁舍を訪問し、同市の陳敏爾(チェン・ミンアル)党委書記と昼食会談した後、帰国する。

記事は、文大統領の訪中初日の13日は、日中戦争中の1937年に中国・南京を占領した旧日本軍が多くの中国人を殺害したとされる「南京大虐殺」から80年目の国家追悼日にあたるとし、中国の指導者が南京での活動に出席していることを挙げ、「訪中初日は北京ではなく南京に行くべきだった」と主張した。

その理由として「中国が文大統領の訪中日程を13日からに設定した言外の意味は明確だ」「文大統領が訪中初日に北京入りし、中国の指導者に呼応するように南京を訪れなかったのは、北京の意図を理解していないためだ」「(南京訪問は)韓国が歴史問題を無視して日本と和解することはないことを実際の行動で示す絶好の機会だった」などと論じている。(翻訳・編集/柳川)