X JAPANのドキュメンタリー映画「WE ARE X」が、ANA国際線全路線の全機内モニターで上映を開始した。本作品は、2018年1月31日まで上映される予定だ。(一部機材のみ 2018 年1月1日〜2月28日まで上映予定)

映画「WE ARE X」は、これまでX JAPANが歩んできた壮絶なドラマ、そしてYOSHIKIという人間を包み隠さずさらけ出した真実の物語である。世界の名だたる映画祭で上映され、各国のメディアや評論家が絶賛。これまで29もの国と地域で公開されてきた作品だ。「この映画を見て、“生きよう”と思った」という声が、世界中から寄せられたという通り、X JAPANファンのみならず、この映画でX JAPANを始めて知ったという人々からの反響もとても大きかった本作。観る人に“生きる意味”を問いかけるような作品なのかもしれない。

海外旅行の機会も増える年末年始。気になる方は、移動の機内で「WE ARE X」をチェックしてみよう。