川崎FのMF阿部浩之、日韓戦でのゴール渇望も「優勝して意味がある」《EAFF E-1サッカー選手権》

写真拡大

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は13日、都内でトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、MF阿部浩之(川崎フロンターレ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対し、代表初ゴールへの意欲を強調。それでも「優勝して意味があることもある」とチームの2大会ぶり2度目の東アジア制覇を目指した。

◆MF阿部浩之(川崎フロンターレ)

──タイトな日程が続いているが

「みんなそれぞれ疲労はあると思いますけど、ラスト1試合ですし、ここまで2勝しているので最後勝って終わりたいなと思います」

──どんなところをアピールしたいか

「ゴールとかアシストですね。ゴールに絡むプレーをしたいです」

──これまでは2試合とも途中出場で少ない時間だったが

「まだ2試合ともシュートを打てていないですし、もっと自分の形を作りたいなと思います。より積極的にやっていきたいです」

──クラブと求められる役割は違うと思うが

「違うと思いますけど、そういうプレーも身につけるチャンスですし、積極的にやっていきたいです」

──韓国戦に向けては

「出るか出ないかまだわからないですけど、出場したらしっかりと勝つことを大前提に自分のアピールもしたいです。ゴールを奪って勝てたら一番良いかなと思います」

──チームメイトのFW小林悠(川崎フロンターレ)のゴールは刺激になったか

「あれ触ったろうかなと思ったんですけど(笑) もう少し手前だと触れたんですけどね。悠くんにまた後で(パスを)出してやと言っておきました。それぐらい自分も点を奪いたいなと思っています」

──シュートへのこだわりは

「状況にもよりますけど、GKの届かないところに速いシュートを打つということは常に意識しています。とりあえず決めれたらなんでも良いかなと思います」

──ご自身、戦術理解度が高いと思うが、ここでヴァイッド・ハリルホジッチ監督のサッカーを触れてみてどうか

「スコアが動く時はカウンターが多いというのはその通りだなと思いますし、そこをチームとしてうまくできるようになれば得点チャンスが増えると思います。それプラスクラブでやっているような遅攻も混ぜ合わせられたら一番良いと思います。そういうところを監督が求めているかはわからないですけど、ゲームではいろいろなことが起こるので自分たちで考えてやれればと思います」

──韓国戦は優勝が懸かった一戦になるが

「人も多く入ると思いますし、勝っても引き分けても優勝なので、もちろん勝ちは目指しますけど時間の経過とともにそういうのも頭に入れて賢く優勝できればと思います。全員でしっかりと判断できればと思います」

──それは監督も言っていたことか

「いや言っていないです。僕が勝手に言っているだけです(笑)」

──韓国戦に向けてのイメージは

「激しい試合になると思いますけど、球際でやることはいつも通りだと思います。ファウルせずにしっかりと奪って、相手にもファウルさせないくらいみんなでパスをつないだりすることができれば一番良いです。それプラス球際で負けないことが必要になってきます」

──中国戦で負傷したMF大島僚太(川崎フロンターレ)と話したか

「『残念やったな』と言っておきました。『早く治せよ』と。チームのキャンプもあるのでまずしっかりと治して欲しいです」

──優勝への意識は高まってきているか

「優勝して意味があることもあると思います。勝たないと良いプレーをしてもあまり意味がないので、まずは勝つことを大前提にチームプレーと自分のプレーのバランスをしっかり考えたいです」