11月30日についに発売となった本格志向ユーザー向けのレンズ一体型カメラ(コンパクトデジカメ)、キヤノン「PowerShot G1 X Mark 掘廖前回の記事ではその描写性能やコンパクトなボディに関してのレビューをお届けしたが、今回は従来モデル「PowerShot G1 X Mark 供廚箸糧羈咼譽咼紂爾鬚靴討澆燭ぁ

↑小型軽量設計の「PowerShot G1 X Mark 掘廖その外観デザインは、1.0型センサー機「PowerShot G5 X」に酷似している。レンズは24-72mm相当の新開発キヤノンレンズを搭載。参考価格は13万7700円

 

従来機「PowerShot G1 X Mark供廚箸糧羈咫撻椒妊・操作性編】

今回は、実際にG1 X Mark 靴判祥莎,G1 X Mark 兇魄貊錣忙箸辰討澆拭その結果、個人的な印象ではあるが、両者の印象や操作感はかなり異なっていた。

↑G1 X Mark 掘丙検砲G1 X Mark 供扮Α法ファインダー部分が出っ張る“一眼レフ風デザイン”のボディは大きくなりがちだが、今回のG1 X Mark 靴魯戞璽垢箸覆詼楝里小さい。そのため、フラットな形状ながら本体が大きいG1 X Mark 兇犯罎戮襪函△なりコンパクトな印象を受ける。ただし、G1 X Mark 兇里茲Δ淵譽鵐坤丱螢△ないのは残念

 

まず、ボディのデザインやボリューム感が大きく違う。G1 X Mark 靴離椒妊は、EVFを搭載していて、その部分が出っ張る一眼レフ風のデザイン。一方、EVF非搭載のG1 X Mark 兇離椒妊(別売の電子ビューファインダーの装着は可能)は、出っ張りのないフラットな形状のデザインである。だが、全体のボリューム感は、圧倒的にG1 X Mark 供廚里曚Δ上である……って、誉め言葉かコレは?

↑G1 X Mark 掘丙検砲G1 X Mark 供扮Α法正面からでもわかるが、こうやって横からみると、レンズ鏡筒部の大きさの違いがよくわかる

 

そのボリューム感の違いは、仕様表の「質量」を見比べても明らかだ。G1 X Mark 靴鰐399gなのに対して、G1 X Mark 兇鰐553g。その差は154gにもなり、手にした際の重量感もまったく違う。

 

撮像センサー仕様も大きく異なる。G1 X Mark 兇1.5型のCMOSセンサーを採用していて、大きさの面ではそんなに引けは取らない(1.5型の面積はAPS-Cの約80%弱)。だが、その画素数は大きく違う。前述の通りG1 X Mark 靴陵効画素数は「約2420万画素」だが、G1 X Mark 兇陵効画素数は「約1280万画素」と約半分なのである。

 

ただし、搭載ズームレンズの仕様は、G1 X Mark 兇里曚Δ魅力的に思える。G1 X Mark 靴24-72mmF2.8-5.6なのに対して、G1 X Mark 兇24-120mmF2.0-3.9と、ズーム域も開放F値も勝っている。

 

従来機「PowerShot G1 X Mark供廚箸糧羈咫斛⊆明能編】

G1 X Mark 靴G1 X Mark 兇了1撞’修蚤腓く違うのが、高速連写の性能である。G1 X Mark 靴砲蓮同社の一眼レフ・EOSシリーズで定評のある「デュアルピクセルCMOS AF」が採用されていて(キヤノンのコンパクトデジカメでは初)、撮像面の広範囲で高速・高精度な位相差AFが可能になる。そして、APS-CサイズのCMOSセンサーからの高速信号読み出しもあり、AF固定時には最高約9コマ/秒、AF追従時には最高約7コマ/秒、というハイレベルな高速連写が可能なのである。一方のG1 X Mark 兇蓮AF固定時には約5.2/秒、AF追従時には約3.0コマ/秒、という標準的な連写性能である。

↑G1 X Mark 靴馬⊆漫AF追従、約7コマ/秒)

 

↑G1 X Mark 兇馬⊆漫AF追従、約3コマ/秒)

 

上の作例は、向かってくる電車を、ドライブモードを「高速連写」に設定して連続撮影(レンズ画角:G1 X Mark 靴遼庄鹵執腓錣察画質設定:RAW+L、AF方式:顔+追尾優先AF、シャッター速度:1/2000秒)。電車が同じ位置からの連続3カットだが、G1 X Mark 靴細かい動きを捉えられているのに対して、G1 X Mark 兇浪莠狙瀋蝓RAW+Lが足かせになったのか2カットから大きくペースダウンしている。

 

ここまでG1 X Mark 靴判祥莎,G1 X Mark 兇鯣羈咾靴討たとおり、レンズについてはG1 X Mark 兇里曚Δ魅力的に感じるものの、そのほかの面、特にコンパクトなボディや撮像センサーの有効画素数、連写性能に関してはG1 X Mark 靴燃蔽覆某焚修靴討い襪海箸わかるだろう。G1 X Mark 靴蓮PowerShotシリーズのフラッグシップモデルにふさわしい、軽快に使える本格派コンパクトデジカメなのだ。