阿部浩之【写真:Getty Images】

写真拡大

 EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会・中国代表戦から一夜空けた13日、日本代表は練習を行った。

 2試合続けて途中出場している阿部浩之は「得点、アシスト、ゴールに絡むプレーはしたい」と意気込んでいる。「2試合ともシュートも打てていないですし、もうちょっと自分の形っていうか、シュートを打てる形を作りたいなと思いますし、より積極的にやっていきたい」と語った。

 中国戦では川崎フロンターレでチームメイトの小林悠が先制ゴールを奪った。阿部は冗談めかして「あれ、触ったろうかなと思った」と言う。

「もうちょっと後ろやったら僕が触れたんですけど、悠くんに『後で出してや』って言っときました。それくらい得点に必死というか、自分も取りたい」

 阿部は今季、川崎Fでリーグ戦10得点と自身のキャリアハイを更新。高精度のフィニッシュでチームの初タイトル獲得に貢献した。代表でもゴールが欲しいところで、「GKの届かないところに速いのを打つっていうのは常に意識している」と言う阿部は、「GKのタイミングずらしたりとか、とりあえず決められたら何でもいい」と口にした。

 韓国との最終戦でネットを揺らすことができるだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部