朴報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】ティラーソン米国務長官が12日の講演で北朝鮮との対話に関し、「前提条件なしで対話する用意がある」と述べたことについて、韓国青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官は13日、「北が挑発と威嚇を中断し、対話に復帰すべきだという米国側の立場を重ねて強調したものと評価する」とのコメントを出した。

 朴報道官は「韓米両国は対話の扉を開いておき、北の対話への復帰を促し、これと関連したさまざまな方策について緊密に協議してきた」と説明。「韓米両国は北の核を容認しないという原則を堅持し、平和的な方法の完全な核放棄という目標達成に役立つなら、さまざまな形の接触が可能との立場」とした。