室屋成【写真:Getty Images】

写真拡大

 EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会・中国代表戦から一夜空けた13日、日本代表は練習を行った。

 中国戦は出場機会がなかった室屋成。この試合で右サイドバックを担当したのは植田直通だった。室屋はリオ五輪世代の仲間について「すごく落ちついてプレーしていて、良かったと思います」と述べ、「良かったって上から目線」と苦笑いを浮かべた。

「スピードもあるし、全然できると思うので。ヘディングも強いし、俺もあれくらいヘディング強くなりたいなと思いながら見ていました。自分の持っていない部分を持っているので、もっともっと自分もそういう部分は成長したい」

 それでもサイドバックが本職の室屋としては負けられない。「自分の長所もあるし、そういうところだけ考えてやっているので、あんまり周りがどうとかっていうのは考えてはいない」と語った。

 中国戦をベンチから見て「やっぱ試合に出たいなって思いましたし、もっとうまくなりたいし、やっぱりピッチに立たないと意味がない」と感じたという。また、「こういう練習からもそうですけど、毎日がホントに刺激になるので、自分にとってすごいいい合宿というか大会になっている」と、代表の一員であることに喜びを見出している。

 最終戦の相手である韓国代表については「前線から運動量激しく戦ってくるイメージがあるので、そういう部分で負けちゃいけない」と警戒した。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部