画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ビックカメラは12月13日、インターネットショッピングサイト「ビックカメラ・ドットコム」において、仮想通貨であるビットコインによる決済サービスを同日16時から開始することを発表した。決済システムはbitFlyer 社のものを採用している。

同社は今年4月、ビックカメラ有楽町店とビックロ ビックカメラ新宿東口店の2店舗において、ビットコインによる決済開始を発表。これにより、ビックカメラ店舗のある地域の人だけでなく、場所や時間を問わずビットコインによる支払いを行うことができるようになる。

同社が見込んでいた以上にビットコイン決済の国内利用者が多く、またインターネットショッピングサイトでの利用に関する問い合わせが多かったことから、通販サイト「ビックカメラ・ドットコム」においてもビットコインによる決済サービスを開始することにしたという。

決済上限は1会計につき10万円相当のビットコインまで(併用不可)で、一部、ビットコイン決済ができない商品もある。なお、店舗での決済上限金額は2017年12月8日より、10万円から30万円に変更されている。