元日馬富士問題で揺れる大相撲。今度は横綱白鵬に「殺す」と殺害予告だ。おととい11日(2017年12月)に冬巡業の北九州場所が行われていた北九州市立総合体育館に1通の封書が郵送で届いた。

差出人は偽名

そこに書かれていたのは「白鵬を必ず殺す」と白鵬を名指した内容だ。相撲協会への不満も綴られていた。差出人は偽名とみられる名前で、地名は実在しない「福岡市天神町」とあった。福岡県警は相撲協会の対応次第で捜査を検討するといっているという。

司会の小倉智昭「えらいことですね」

木下康太郎アナがけさのスポーツ紙を紹介する。スポーツニッポンには「6日には『白鵬に一番非がある』などと記されたボード掲げる人物目撃」という気になる情報が出ている。サンケイスポーツは「日馬富士送検された11日・・・巡業会場に届いていた」などと書いた。木下は、白鵬が脅迫状については「それはまた明日」といっているため、きょう13日に本人の口から何か聞かれるかもしれないという。

小倉「どんな内容だったのか、脅迫文のすべては明らかになっていないんでしょ」

時期だけに人騒がせなことだ。