『監獄のお姫さま』“思い出”を共有できる面白さ 宮藤官九郎脚本の粋なはからいを読む

写真拡大

「考えないことにした、で、終了? …考えるのやめるのが正常ですか? だったら刑務官やめます! お節介はやめられないので!」

 『監獄のお姫さま』(TBS系)第9話。ついに、先生(満島ひかり)が馬場カヨ(小泉今日子)たちの更生(復讐)計画に乗った背景が描かれた。刑務所内のカラオケ大会で歌われた松任谷由実の「卒業写真」のように、人ごみに流されていた女囚たちを集めたのは、先生だったのだ。

 馬場カヨたちが出所後、姫(夏帆)は監獄の中でひとりぼっちで過ごしていた。実際には雑居房で複数名と生活をしているが、無罪を信じてお節介を焼く仲間はもういない。“姫”から“アスパラ“へ。呼び名ひとつで姫の置かれた状況の変化が明らかになる。そして囚人を番号で呼ぶ先生だけが、“姫”と呼び続けるのだった。

 息子の勇介を吾郎(伊勢谷友介)に奪われ、仲間が去り、孤独を募らせる姫は日に日に弱っていく。いじめを跳ね返すことも、息子を奪い返す気力も失っているように見えた。そんな姫を不憫に思った先生は、匿名で姫の母親・民世(筒井真理子)に手紙を出す。「期待をしない」と囚人たちと距離を取っていた先生の、“らしくない“お節介。それは、刑務官である自分とは別のところにある、先生個人の正義ゆえの行動だ。

 だが、民世もまた弱い人間だった。「(娘のことは)考えないことにしたんです」都合の悪いこと、望んでいないことが重なると、人は思考を停止する。そのうち、自分が何を望んでいたかも考えなくなってしまう。そうして、人ごみに流されていくのだ。その流れが誰の手によって作られ、どこに行きつくのかも考えられずに……。弱った姫も、面会にやってきた吾郎に言いくるめられ「やっぱり私、犯人です」と心を持っていかれてしまう。

 刑務官は、悪を懲らしめ、善人を救う正義の味方のはず。しかし姫の事件に関しては、刑務官の立場で弱き者=姫を救うことができないと考えた先生は、馬場カヨの復讐計画ノートを取り出したのだろう。散り散りになる直前に叫ばれた馬場カヨのメールアドレスが唯一の連絡手段だった。しかし、“baba(ババ)kayo…“が、“baka(バカ)kayo…“になっていたため、どんなに待ってもメールは届かない。

 そんなどこまでもツメの甘いおばちゃんたちの前に現れ、アジトの地図が描かれた折り紙の手裏剣を置いていく先生。刑務所内で迎えたクリスマスに、勇介にプレゼントしたものと同じ。あの瞬間を共にしていた仲間なら、誰もが忘れることのないアイテムだ。

「忘れてなかった! 覚えててくれた! フフッ!」アジトに集合した馬場カヨの手には、えどっこヨーグルト。これもまた彼女たちにとって決して忘れることのないアイテム。「はぁ〜もうなんか私ひとりじゃ、何にもできない!」そう、正義を貫くためには、考え続けなければならない。そして考えるためには自分を強く保ち続けなければならない。人を強くしてくれるのは正義を共にする仲間と、その存在を感じ続けることのできる思い出だ。

 ああ、このドラマを見ていると、年を重ねるのも悪くないな、と思えてくる。宮藤官九郎脚本では、多くの作品のオマージュやパロディが出て来るが、その粋なはからいに「フフッ」となるのは、同じ“忘れることのないアイテム“を持っているような気持ちになる。かつて満島ひかりが出演していた映画『愛のむきだし』のサソリに扮していたのも、満島ひかりファンにとってはたまらない演出だろう。また、財テク(菅野美穂)がユキ(雛形あきこ)と共鳴するように演じる姿は、1996年にそれぞれふたりが主演したドラマ『イグアナの娘』と『闇のパープル・アイ』が連続して放送されていた時期を思い出させる。他にも歌やセリフで散りばめられた様々な演出で、ドラマの作り手と、そして同じところに「フフッ」となる人が世の中にいるのだという喜びを味わえる。そういえば時を経て殿=姫のために年末に仇討ちなんて『忠臣蔵』のようでもあるな。と、年を重ねたからこそ、あらゆる情報を繋げて見るのもまた一興だ。

 アンデルセンの『エンドウ豆の上に寝たお姫さま』をセリフに組み込んでくるのも、「敏感であること。考え続けること」それが、今を生きることなのだと訴えかけてくるようだ。

 ドラマの中でも、馬場カヨが護送されている時に電車の中でミカンをくれた少女との再会があった。そんな小さな出会いが心を温めてくれる一方で、「新しい嫁の気持ちを踏みにじることになる」「勇介が不幸になる」と言われて、関係を引きちぎられる哀しみもある。人に流されるか、自分の正義を貫いて生きるか。その差は、まるでベッドの下に隠されたえんどう豆のような、“わかる人にだけ伝わる仕掛け“に気づく力なのかもしれない。

「そんな中途半端なお節介なら、最初から焼かないよ。姫のためじゃない。自分のためにやる。それがお節介でしょ」(財テク)、「反省はした。でも後悔はしたくない」(女優)、「頑張ろう! 5年越しのお節介でっせ」姫の事件で実行犯とされるプリンスまで登場し、役者は全て揃った。(姉御)先生の手直しが入った復讐計画は、いよいよ次週クライマックスを迎える。果たして、おばちゃんたちは監獄の中にいる姫を救えるのか、それともおばちゃんたち自身が監獄のお姫さまとなってしまうのか!? 来週が待ち遠しい。(佐藤結衣)