© LINE Corporation

『LINE(ライン)』で、ついに「送信取消」機能が実装されました!

「送信取り消し機能」を使えば、24時間以内に送ったメッセージを自分や相手のトークルームから消すことができます。
誤送信してしまったメッセージを相手に読まれる前に消したい時にはもちろん、相手のトークルームにずっと残しておきたくないメッセージがある時などにも使える神機能です。

この記事では、「送信取り消し機能」の使い方を詳しく解説します。

「送信取り消し機能」の使い方を詳しく解説

24時間以内に送信したメッセージを長押しして【送信取消】ボタンをタップしましょう。


「送信を取り消しますか?」というポップアップが出るので【送信取消】をタップ。
すると、自分のトークルームとメッセージを送った相手のトークルームから、送信したメッセージを消すことができます。

消したメッセージが表示されていた部分には【メッセージの送信を取り消しました】と表示されます。
(※メッセージを送った相手のトークルームには【○○(自分の名前)がメッセージの送信を取り消しました】と表示されます)


24時間以上経ってしまったメッセージを長押ししても【送信取消】ボタンが表示されず、送信を取り消すことができません。

もしも送信を取り消したいメッセージや相手のトークルームに残したくないメッセージがある場合は、24時間以内に取り消しておきましょう。


また、「スマホに届く通知メッセージは取り消すことができない」と公式で発表されています。
・・・が、実際にやってみたところ、なんと通知も取り消しできました!

ただ、相手が使っているLINEのバージョンが最新でない場合などは、スマホに届く通知メッセージの取り消しができない可能性もあるので、やはり注意は必要です。

送信を取り消すことがができるメッセージの種類

送信を取り消すことがができるメッセージの種類は以下の通りです。
いずれも24時間以内に送信したメッセージに限り、既読・未読両方のメッセージが対象です。

テキストスタンプ画像動画ボイスメッセージURLLINE MUSIC連絡先位置情報ファイル通話履歴

「送信取り消し機能」を利用して、LINEでのやりとりをもっと快適にしましょう!