ごみ箱を置かないことを告知するポスター=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国で来年から、公衆トイレの個室の便器横にあったごみ箱が消える。これまで使用済みのトイレットペーパーなどを捨てるごみ箱が設置されていたが、美観上や衛生上、問題があると指摘されてきた。行政安全部が13日、こうした内容の関連法施行令が来月1日付で適用されると発表した。

 ごみ箱が撤去される代わりに、女子トイレには汚物入れが設置される。

 また、新設されるか改装されるトイレは、外から内部が見えないようにする。これまでは入り口に間仕切りだけ設置したトイレもあったが、プライバシー保護を強化することにした。男子トイレの小便器ごとにも仕切りを設置する。