画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●順当進化と亜流の2製品を投入した第2世代

ソニーは12月7日、腕時計のバンド部に必要な機能を内蔵したハイブリッド型スマートウォッチ「wena wrist」新モデル「wena wrist pro」と「wena wrist active」の2製品を発表した。

wena wristは、ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program(SAP)」から生まれた製品。wena wrist開発者のソニー 新規事業創出部 wena事業室 統括課長の對馬 哲平氏によれば、「腕時計という長年培われた文化や伝統を大切にしながら、最新テクノロジーを駆使し、ウェアラブルデバイスを違和感なく身につける世界をつくる」ことをコンセプトにしているという。

第1弾として登場したwena wristは、腕時計のバンド部分にスマートウォッチに必要となる機能や電子マネー機能などを内蔵することで、腕時計文化とスマートウォッチという新しい文化を融合させることを狙ったものだった。

初代wena wristが発表された2015年当時は、各社から多くのスマートウォッチが登場し、注目を集めていた時期でもあるが、その中でwena wristは、クラウドファンディングで当時の国内史上最高額となる支援を集めるなど、かなりの成功を収めた。そして、初代の考え方を受け継ぎつつ、理想の姿に近づけるよう、さらなる進化を実現したのが、今回発表された第2世代となる新モデルとなる。

今回の発表では、本流となる正統進化モデルがwena wrist proとして登場した。ハンド幅が22mmから20mmに狭められ、厚みも薄くすることによって、体積比で約25%の小型化を実現。中でも薄さについては、「0.1mm違うだけで装着感が変わるので、薄くすることに全力を注いだ」と對馬氏が語るように、外装のカーブに合わせて内部基板のパーツ実装位置を調整するなどして、薄型化を実現した。

防水性能も5気圧防水に高められており、バンドの小型化と合わせて装着感や実用性を向上させている。また、初代では着信やメール受信などの通知をバイブレーションと7色LEDで行っていたが、wena wrist proでは新たに最大2行の文字表示が可能な有機ELディスプレイを搭載した。

着信相手の名前やメールのタイトル、SNSの内容などを文字で通知できるようになり、スマートウォッチとしての利便性を高めた。また、スマートフォンのアプリと連携して、歩数や消費カロリー、睡眠状態などを測定する活動ログ機能も利用可能となる。

そして、對馬氏が"分流"と話すのがwena wrist activeだ。

こちらは、GPSや光学式心拍センサーを搭載し、活動ログ機能を強化したモデル。バンド側にスマートウォッチとしての機能を集約したり、各種通知を文字で確認できる有機ELディスプレイの搭載といった部分はwena wrist pro同様だが、スポーツシーンにも対応できるよう、バンド素材にはシリコンラバーを採用した。

また、對馬氏が最大の特徴と強調するのが、時計ヘッドを簡単に着脱できる独自の機構を採用している点だ。これにより、普段は腕時計として利用しつつ、運動や睡眠時には時計ヘッドを外してスマートバンドとして、シーンに合わせて利用できる。

また、両モデルとも、従来モデル同様にFeliCaベースの電子マネー機能も搭載。利用できる電子マネーは、初代と同じ楽天EdyやiDなどをはじめとした6種類。残念ながらSuicaなど交通系ICカードには非対応だが、對馬氏によれば第2世代モデルに搭載されるFeliCaは交通系ICカードの技術要件を満たしているとのことで、今後対応に向けて努力したいという。

●スマートウォッチ市場は「成長余地あり」、課題はコンセプトの徹底

このように進化を遂げたwena wrist新モデルだが、課題もある。以前に比べ、現在はスマートウォッチへの注目度がかなり低下しており、市場も縮小している。発表会では、そういった状況をどのように考えているのか、という指摘もあった。

それに対し對馬氏は、「スマートフォンなどと比べると市場は小さいかもしれないが、腕時計やスマートウォッチの市場は十分に大きく、今後も成長の余地がある」と強気の見通しを示した。そして、wena wristは既存の腕時計やスマートウォッチなどと競合する関係にはないとも指摘。wena wristの本質部分がバンド部分で完結し、既存の腕時計やスマートウォッチと組み合わせて利用できるという特徴があるため、共存は十分可能と考えているという。

ただ、スマートウォッチとしての機能は、他の製品に比べて飛び抜けたものではなく、どちらかというとありふれたものとなっているため、この点でのアピール度は低いと感じる。競合製品にはない魅力があるのは事実だが、今後はデザイン面だけでなく、機能面へのさらなる追求も必要となるだろう。加えて、海外へ販路を広げることも重要だ。そのためには、電子マネー機能を世界標準であるNFCベースのものに対応させる必要があるとし、現在開発を進めているとのこと。

また、腕時計という長年培われた文化や伝統を大切にするというコンセプトを考えると、時計ヘッドを用意するという点にもやや違和感を感じる。デザインを合わせた時計ヘッドを用意するのではなく、既存の腕時計に合わせたバンドのデザインを用意することこそ、コンセプトを実現する本来あるべき姿だろう。

對馬氏は、まずは製品として立ち上げるには「これは腕時計です」ということを知らせる必要があるために、時計ヘッドも用意したと説明するが、腕時計メーカーとの協業を進めつつ、バンド部の提供に特化した戦略も必要と感じる。ただこの点については、既にいくつかの腕時計メーカーと協議を行い、近々新たな発表ができそうと對馬氏は述べており、今後の展開には期待が持てそうだ。

對馬氏は、wenaプロジェクトの製品は、単なる"商品"ではなく、作り手の思いや感情、願い、思想などが込められた"作品"であると指摘する。

それだけ對馬氏の思いがこめられている証拠で、新モデルでは對馬氏の考える理想へと一歩近付いたのは間違いない。ただ現状では、對馬氏の思いをうまく製品に落とし込めていない部分も多いと感じる。他にはないオンリーワンの魅力を備える製品だからこそ、市場の期待も大きい。その期待にどこまで応えられるかが、今後のカギとなるだろう。