@AUTOCAR

写真拡大 (全7枚)

もくじ

ーこちらが元祖? モデルSのワゴン
ーカーボン製 ワンオフ・リアセクション
ー改造費 約1000万円〜

こちらが元祖? モデルSのワゴン


英国のコーチビルダーが、テスラ・モデルSのシューティングブレークを発表する。

ドリアン・ハインドマーシュが率いるクエスト社(英ノーフォーク州)は、1年以上にわたりテスラのシューティングブレークを開発してきた。よって彼らは、世界初のエレクトリック・エステートと自負しているようだ。

そもそものアイデアは、ハインドマーシュの友人が、ペットの犬を乗せて走るのに、モデルSのラゲッジでは役不足だと話したことから始まる。
 

カーボン製 ワンオフ・リアセクション


ビスポークのリアセクションは、カーボン製。


F1のコンポーネントを手掛けるカーパーツ・スペシャリストが作成しているという。それをアルミのシャシーに接着してボディを作り上げるのだ。


ワンオフとなるモデルS シューティングブレークは、塗装を仕上げている最中で、ガラスの納品を待っているところだという。

完成はクリスマスになるそうだ。
 

改造費 約1000万円〜


ベース車両の価格を除外したコンバージョン料金は、7万ポンド(1060万円)から。


クエスト社はさらに、シューティングブレークの加速世界一の記録に挑戦したいという。

そのためには、ポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリスモ・ターボS E-ハイブリッド(0-100km/h加速:3.4秒)を破る必要があるのだが……。