北京首都国際空港に到着した文大統領夫妻=13日、北京(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が13日午前、中国・北京に到着した。文大統領の訪中は就任後初めてで、習近平国家主席の招きで国賓として訪問した。

 北京首都国際空港では中国の孔鉉佑・朝鮮半島問題特別代表兼外務次官補らが出迎えた。

 同日午後、文大統領は最初の日程として在中韓国人らとの懇談会に臨む。また韓国企業関係者らと共に韓中ビジネス・ラウンドテーブルに出席し、韓中ビジネスフォーラムで演説する。

 14日午後には習主席と首脳会談を行う。両首脳は米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備で対立していた両国の政治・経済・文化・人的交流など全分野での関係正常化に向け、率直な意見交換を行う見通しだ。北朝鮮の核・ミサイル関連情報を共有し、対応策についても議論するとみられる。