AKB48 渡辺麻友、後輩からのリクエストに無邪気に対応 高橋朱里「本当に卒業しないでほしい〜」

写真拡大

 『AKBINGO!』(日本テレビ系)の12月12日放送分では、今回の主役として渡辺麻友が登場し、企画「後輩がまゆゆにやってほしいことベスト5」の前編がオンエアされた。

参考:AKB48 渡辺麻友、残り少ない“アイドル”としての歌番組出演に意欲

 同企画は、AKBの後輩メンバーが卒業を迎える渡辺にやってほしいことをリクエストするもの。第4位として向井地美音の「ドラマ『マジすか学園』(テレビ東京)のネズミをもう一度見たい」が選ばれた。渡辺はネズミはおいしい役だったと振り返りつつ、「この先一生やることはない」とコメント。『マジすか学園』に出演していた向井地、高橋朱里、込山椿香と一緒にドラマを再現する場面では、ネズミの衣装を身につけた渡辺が登場。渡辺が「当時の衣装を一式持ってきました」と明かすと、向井地は「手が震える、嬉しすぎて」「一緒のシーンはこれが最初で最後」と感動を示した。すると渡辺は「当時テレビの前で見てくれていたみんなが活躍してくれてるっていうのがなんか、『マジすか学園』やっていた意味があったな」と語った。

 また、馬嘉伶の「手作り唐揚げを食べてほしい」というリクエストでは、馬嘉伶、佐藤栞、樋渡結依が渡辺にお手製の唐揚げを振る舞った。馬嘉伶と佐藤の唐揚げが高評価を受ける中、唐揚げに生クリームとチョコをトッピングした樋渡の「ひーわたん特製 ラブリースイーツ唐揚げ」が登場。その予想外の組み合わせに渡辺は「オチ?」と困惑の表情を浮かべ、恐る恐る実食。渡辺は「想像していたよりは食べれる。けど食べなくていいなら、食べない」と辛口の評価をした。

 さらに小嶋真子が「着ぐるみではしゃぐまゆゆが見たい」とリクエスト。しろくまのぬいぐるみを着た渡辺が柏木由紀と「叩いてかぶってじゃんけんぽん」で勝負する場面では、渡辺のあまりの可愛さに高橋が悶絶。さらに高橋は「本当に卒業しないでほしい〜」と訴え、「ツラい、居なくなっちゃうんだって」と涙を流した。渡辺のはしゃぐ姿を見て柏木は「楽屋はこうなので、これをたくさんの皆さんに見ていただけて感無量です」と発言するも、当の渡辺は「疲れた」と本音を吐露した。

 次回の放送では、「後輩がまゆゆにやってほしいことベスト5」の後編がオンエアされる。(向原康太)

※記事の一部に記述の誤りがありました。訂正しお詫びいたします