13日、新浪に、東アジアE―1サッカー選手権の日本対中国の試合結果について伝える記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は味の素スタジアム。

写真拡大

2017年12月13日、新浪に、E―1サッカー選手権の日本対中国の試合結果について伝える記事が掲載された。

12日、E―1サッカー選手権第2戦が味の素スタジアムで行われ、日本が中国に2―1で勝利した。試合は84分、FW小林悠がキーパーのセーブをかいくぐって角度のない位置からゴール。4分後にはDF昌子源がロングシュートを決め引き離した。中国は、後半ロスタイムにペナルティエリア内で倒されPKを獲得。これを于大宝(ユー・ダーバオ)選手が冷静に決めて1点を返したが、反撃はここまでだった。

この試合について、中国のネットユーザーから「とてもいい試合だった。今までとは違う中国代表を見たよ」「確かにいい試合だった。日本のゴールはスーパーゴールだったのだから仕方がない」など、試合内容を評価するコメントが多く寄せられた。

また、「(キーパーの)王大雷(ワン・ダーレイ)はだめだ。2失点目はともかく、全体的に判断力に欠けていて、ブロックするタイミングも悪い。髪型とタトゥーはかっこいいけど」「王大雷の2失点はポジショニングに問題があった。それとキーパーにはある程度の身長も必要だ」と、王に対する厳しいコメントも少なくなかった。(翻訳・編集/山中)