今年8月公開の映画『幼な子われらに生まれ』で女優デビューを果たした、ティーン向けファッション誌「nicola(ニコラ)」専属モデルの南沙良(みなみ・さら)が、来年7月公開の映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で、映画“初”主演を務めることが明らかになった。

共演者の蒔田彩珠(まきた・あじゅ)と共に主演を務める。映画初出演、そして初主演と立て続けに出演作が続いている南沙良が、珠玉の青春映画でついに映画“初”主演を務める。

本作は、実体験をベースに描いた漫画家・押見修造の同名タイトル「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」(太田出版)が原作で、ファンの多い押見作品の中でも、ひと際人気が高い作品。思春期を迎えた少年少女たちが抱える葛藤や苦悩を描きながら、誰しもが持っているコンプレックスとの向き合い方、自分のあるべき姿について描く。

主演の南沙良は、上手く言葉が話せないことに引け目を感じ、周囲と馴染めずにいる高校一年生・大島志乃を演じる。次第に変化していく内面を繊細に表現し、言葉が上手く話せないという難役に挑む。同時に、劇中では歌声も“初”披露。蒔田彩珠演じる、音楽好きだが音痴な同級生・岡崎加代との掛け合いは、世代を超えて胸に響く新たな青春ストーリーだ。

南沙良は「小学生の頃から押見先生の作品が大好きだったので、お話を頂いた日は嬉しさのあまり興奮してなかなか寝付けない反面、作品の世界観を崩してしまわないかと少し不安な気持ちになりました。」とコメントしつつも、映画初主演ということもあり、「こんなに早く主演をやらせていただけるとは思っていなかったので、とても嬉しかったです。」と喜びをあらわにした。またこれから作品を観るファンに対しては、「他の人と違う部分やコンプレックス、劣等感、自分の嫌いなところなど、誰もが持っているような〈悩み〉や〈苦しみ〉。志乃と加代、菊地それぞれが、その悩みを乗り越えようとする様子を見た時に感じられるものが必ずあると思うので、是非たくさんの方に観ていただきたいです。」とコメント。

一部の映画賞では、女優デビュー作、映画『幼な子われらに生まれ』で【新人賞】にノミネートされるなど、モデルだけでなく女優としても注目される南沙良。次世代の新人女優がついに映画“初”主演に挑む。

脚本は、『百円の恋』第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞ほか、数々の賞に輝いた足立紳(あだち・しん)、メガホンは、乃木坂46のMVなどを手掛け、本作が長編商業映画デビューとなる湯浅弘章(ゆあさ・ひろあき)氏が監督を務める。

<南沙良コメント(全文)>
小学生の頃から押見先生の作品が大好きだったので、お話を頂いた日は嬉しさのあまり興奮してなかなか寝付けない反面、作品の世界観を崩してしまわないかと少し不安な気持ちになりました。ですが、こんなに早く主演をやらせていただけるとは思っていなかったので、とても嬉しかったです。他の人と違う部分やコンプレックス、劣等感、自分の嫌いなところなど、誰もが持っているような〈悩み〉や〈苦しみ〉。志乃と加代、菊地それぞれが、その悩みを乗り越えようとする様子を見た時に感じられるものが必ずあると思うので、是非たくさんの方に観ていただきたいです。

<湯浅弘章監督コメント>
10代のあの頃にだけ存在した感情。あの頃にだけ通用した感覚。危うくて紙一重な当時の彼らの気持ち。その一瞬一瞬を映し出した映画です。南さん、蒔田さん、萩原くんの3人が体当たりで演じてくれたおかげで、今まで観たことのない荒削りで繊細で力強い作品になりました。いま10代の人たちにも、そしてかつて10代だった人たちにもぜひ観ていただきたいです。

<原作・押見修造氏(漫画家)コメント>
漫画以上に、まるで現実に起こったことをそのまま切り取ったような感触でした。志乃、加代、そして菊地の3人が、生々しく存在していると思いました。泥臭い青春映画でありながら、恥ずかしくなるほどキラキラしていて。そして、むせかえるような思春期のオーラに満ち溢れている。漫画を超えて、広く心に届く作品を作っていただいたことに感謝します。