利用時間分のみの料金で手軽に電気自動車体験!

 日産自動車は、ニッサン インテリジェント・モビリティの取り組みの一環としてカーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」を2018年1月15日から開始する。また、サービス開始に伴い12月8日よりNISSAN e-シェアモビの会員募集を専用サイトよりスタートした。

 このNISSAN e-シェアモビは、電気自動車の持つ快適なドライビング性能を味わえる電動化技術と、自動運転技術や自動駐車機能などの知能化技術を実際に体験できる“安心”“快適”“気軽”をキーワードにした新しいカーシェアリングサービスだ。利用対象車種は、発売されて間もない新型リーフとノート e-POWERとなる。

 リーフとノートe-POWERには同社の最新技術が満載なのはご存知のとおり。例えば、現在はリーフのみ搭載されている、高速道路での渋滞時や巡航走行時に、アクセル/ブレーキ/ステアリングを自動制御する自動運転技術「プロパイロット」や、3ステップの操作のみでステアリング/アクセル/ブレーキ/シフトチェンジ、さらにパーキングブレーキまですべて自動で行う「プロパイロットパーキング」だ。

 また、そのほかには上空から車体を見下ろしているような映像で駐車操作を支援する「インテリジェント アラウンドビューモニター」を備え、ドライバーの運転をあらゆる角度から安全にサポートしてくれる。こちらはノートにも採用されている。さらに、カーシェアサービスで提供されるクルマにはドライブレコーダーを標準搭載し、万が一の事態でも心強い。

 もちろん車両の清掃は毎日実施されており、つねに清潔な状態で乗車できるのも嬉しいポイント。また、ドライブのサポートとしておすすめのルートガイド設定や、オペレーターによるナビサポートも利用可能だ。

 さらにETCカードが搭載されているため、ETCカードを持っていなくてもスムースに料金所を通過できるなど、利便性が非常に高い点も魅力のひとつである。(ETC料金は自己負担)。利用時の本人確認として免許証を使用し、そのままIDカードとなるため、余計なカードが増えないのもありがたいだろう。

 そして、なんと2018年7月末まで月額料金は無料。利用した時間のみの支払いとなる課金料金システムを採用し、利用頻度や利用距離による料金の変動や加算がないので、誰でも気軽に利用しやすいといえるだろう。さらに、日産レンタカーでの利用料金の割引サービスが受けられるなど、特典も充実している。

 本サービスは1月に約30箇所のステーションを東京/神奈川/静岡/大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良/和歌山などからスタートし、順次ほかの都道府県へと拡大していく予定だ。

 なお、料金体系は下記となっている。

 利用料金が15分200円からとリーズナブルな価格から試せるので、近所へのちょっとした買い物から、夜のドライブデートなど幅広く楽しめること間違いなしだろう。月額料金が不要な今が、お得に利用できるチャンス! この機会にぜひ最新の自動運転技術を体験してみてほしい。