羽生結弦【写真:Getty Images】

写真拡大

右足首負傷で離脱、氷上練習1か月できず…王者の現在に海外メディアも注目

 男子フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)は右足首を負傷により、5連覇がかかっていたグランプリ(GP)ファイナルを欠場。来年2月の平昌五輪で連覇が期待され、一日も早い回復が待たれているが、海外メディアも王者の「今」に注目している。

 羽生は11月に行われたGPシリーズ第4戦のNHK杯前日練習、4回転ジャンプの着氷の際に転倒。右足首を痛めた。「右足関節外側靭帯損傷」と診断され、12月21日開幕の全日本選手権で復帰を目指すとされていたが、フィギュア界のスーパースターの状態を海外メディアも心配している。

 フランス地元紙「レキップ」電子版では「ユヅル・ハニュウ、依然として氷上から遠く」との見出しで特集している。

 記事では、日本スケート連盟の小林芳子強化部長が依然として痛みがあると説明したことを紹介した上で「彼は未だに氷上トレーニングができていない。彼の全日本選手権参戦はとても不確かだ」と慮った。ただし、仮に全日本選手権を欠場しても「羽生は平昌五輪に依然として選出されるべき」とつづっている。

 一方、米テレビ局「NBCスポーツ」電子版も「ユヅル・ハニュウの全日本選手権は不透明」と特集した。

全日本欠場でも五輪は“当確”…「3番目のスポットはムラかタナカか…」

 王者の現状を紹介する一方、「全日本選手権は来週行われる。ハニュウは欠場したとしても、五輪出場選手3人には選出されることができる(そして、かなりの確率でそうなるだろう)」と五輪出場は“当確”と予想している。

 日本の男子出場候補3人については「ハニュウと世界選手権銀メダリスト、ショウマ・ウノは日本の男子フィギュアチームを率いる本命。3番目のスポットはタカヒト・ムラかケイジ・タナカの元にいくだろう」と分析。羽生とGPファイナル2位・宇野昌磨(トヨタ自動車)は確定。残る最後の1枠を無良崇人(洋菓子のヒロタ)、田中刑事(倉敷芸術科学大)の争いになると予想している。

 前回のソチ五輪王者であり、66年ぶりの五輪連覇の偉業がかかっている羽生。大会の主役について、海外メディアも心配の視線を送っている。出場は確実視されているが、万全の状態で輝ける舞いを見せてくれるだろうか。