沼津市の泊まれる公園「INN THE PARK」。もとは青少年向けの自然体験施設だった。欧州では「自然は壊さないことを前提に積極利用する」のが当たり前。日本も「世界3位の森林大国」の潜在能力を引き出せるはずだ(写真:パブリックアライアンス事務局提供)

欧米に比べ遅れている公的不動産活用をどうすればいいのか。経営と街づくりの視点から鋭く切り込む木下斉(一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事)、「共通価値経営」を標榜する野尻佳孝(テイクアンドギヴ・ニーズ会長)、リノベーションなどで優れた実績を誇る馬場正尊(オープン・エー代表/東京R不動産)の3人が、ホスト兼パネリストとして毎回ゲストを迎え、「新しい日本の公共不動産のあり方」をビジネス視点で考える「パブリック・アライアンス・トーク」。
第8回のテーマは森林。ゲストは林千晶・ロフトワーク代表。林氏は飛騨・古川に本拠を置く「飛騨の森でクマは踊る(ヒダクマ)」の代表も務める。森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指すというのがヒダクマのミッションだ。日本は不動産としての日本の豊富な森林資源をどう活用すべきなのか。4人が熱い議論を繰り広げる(文中敬称略)。

森林先進国・フィンランドの「自然享受権」とは?

――日本は国土全体の約66%が森林で、そのうち約45%、1000万ヘクタールは国または地方公共団体の所有地です。そこで今回は森林や公園をテーマに、環境を生かしながら新たな公的不動産活用を行う事例を見ていきたいと思います。

最初に参考にするのは、森林大国・フィンランドの「エブリマンズ・ライト」=自然享受権に基づいた取り組みです。北欧では古くから、「土地の所有者に損害を与えない限り、すべての人はその土地に立ち入ったり、自然を享受する権利が認められている」という考え方が浸透しています。

実は、フィンランドではこれを法律で明確に定めました。享受権の中には、通行権、滞在権、自然環境利用権、さらには果実採取権も含まれ、土地の所有者に対価を支払わずに、例えば野生の果実やキノコ類の採取をすることだって可能です。それも、個人が自宅用に利用するだけでなく、ビジネスとして活用することも許されています。海外からの旅行者に対しても、同じ権利が認められているのも特長です。


左から木下、林、馬場、野尻の各氏(写真提供:パブリックアライアンス)

林千晶(以下、林):実は2015年、岐阜の飛騨で林業の会社を立ち上げる際に、まさにフィンランドの事例をベンチマークにしようと思い、視察に行ったんです。そこでエブリマンズ・ライトの実態も見てきたんですが、その根本思想は「土地の所有と利用を分ける」というものでした。森の中はみんなのもので、そこに泊まってもいいし、釣りをしてもいいし、キャンプしてもいい。自生している果実を採ってジャムを作っている大手企業もあるくらい。個人だけでなく、ビジネスをしてもいいというのがまたすごいなと。

馬場正尊(以下、馬場):森はみんなのもの、という哲学が社会全体で共有されているんでしょうね。

:そうですね。それから「自然だから完璧に保護しないと」という発想はないんです。サステイナブル(持続可能)ならいいんです。

フィンランドには国立公園が40カ所あるんですけど、昨年から、520の事業主体と協定を結んで「ルールを守りながら、サステイナブルな観光事業をしよう」という方針を打ち出したんですね。そうしたら昨年1年間だけで約180億円の経済効果と1200人の雇用を生み出すことに成功したんです。

「自然を減らさず活用し続けること」が前提


林 千晶(はやし ちあき)/ロフトワーク共同創業者、代表取締役。1971年生まれ、アラブ首長国連邦育ち。早稲田大学商学部、米ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒業。花王を経て2000年ロフトワークを起業。Webデザインやビジネスデザインなど手掛けるプロジェクトは年間200件超。2015年より株式会社飛騨の森でクマは踊る代表取締役社長。その他、MITメディアラボ所長補佐など多数の役職も務める。『日経WOMAN』の「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」を受賞(写真:パブリックアライアンス事務局提供)

木下斉(以下、木下):「保護すること=使わせないこと」と思いがちだけど、実はそうじゃない。大切なのはサステイナビリティなんですよね。サステイナビリティをいち早く政策に取り込んだドイツの考え方は、「使ってもゼロにならないよう活用し続ける」というもので、活用することを中心に置いている。

だけど日本では、「保護」と言われると、そのまま隔絶して誰も入れないようにしようとしてしまう。

:本当にそう。誰も入れなかったら、何もできないのに。実は世界第3位の森林率を誇る森林大国なのに、その森林を利用していないどころか、負債だと思っているみたいですよね。

野尻佳孝(以下、野尻):実は僕も2017年の6月にフィンランドに行ってきました。現地で利益を出しているツーリズム企業も訪問しました。で、そこの人たちとサウナに行ったんですね。フィンランド流の湖畔にあるサウナです。

サウナでたっぷり汗をかいたら、そのあと日本なら水風呂だけど、フィンランドでは違った。いきなり「湖に飛び込め!」だって。

:私、冬に行ったんですけど、サウナの前の湖には厚い氷が張っている。それでも「チアキ、飛び込め!」って言われた(笑)。

野尻:そういうツーリズム系の企画・コンテンツを楽しみながら作っているんだよね。

それからずいぶん僻地のほうにも連れて行ってもらったんだけど、そこでは野生のトナカイがいっぱい出てくるんですよ。ものすごく間近で見られるので興奮しました。また現地の普通の住民の人が、トナカイの説明がとてもうまい。みんなが旅行者のお世話をするプロのツアーアテンダーみたいなんですよ。

木下:他人の森じゃないですものね。「自分たちが使っていい場所だから」なんでしょうね。

――次にインドネシアのバリ島の事例を紹介します。バリ島中央部の森の中にある「グリーンスクール」です。自然環境の中で、大人や子どもに向けた教育プログラムを提供する施設で、「未来のリーダー養成校」とも呼ばれています。竹を用いた空間を使って提供される独自の教育プログラムは高く評価され、世界各地から参加者が集まっています。

:世界を舞台に活躍している、ある人からは「え、チアキはまだ行ったことがないの? 1回は子どもを連れて行ってみたほうがいい」と言われたことがある。グリーンスクールは、本当にずっと行ってみたいと思っているところです。

いろいろなアイデアを持っているメンバーが集まって、国連が提唱している「サステイナブル・ディベロップメント・ゴールズ(持続可能な開発目標)」のようなことを話し合うのは、やっぱりこういう場所だと思う。20年後、100年後といった、規模の時間を超えたビジョンを作るのならこんな場所がいいですよね。会議室では絶対にいいアイデアは生まれないと思う。

野尻:こういう場所で合宿したいね。でも、バリじゃなくて、岐阜だっていいわけでしょう?

:そう。要は普通じゃない環境であればいい。向こうが「森の中の竹の教室」でやるんだったら、こっちは温泉がボコボコ湧いている横でやってもいいし、川の上だっていいし。

野尻:だったら日本にもいっぱいあるよね。

:だけど、そういう「非日常な場所」って、だいたい国の所有地になっているんです。で、みんなが使えない場所になっているんですよね。

3週間40万円の建築キャンプが一瞬で満員に

――国内の森林の活用事例としては、林さんが岐阜で手掛けている官民共同事業体の「飛騨の森でクマは踊る」(通称:ヒダクマ)があります。このヒダクマについて、ぜひ説明を。

:私のような素人にしてみれば、森って憧れの場所なんですね。歩いたり、遊んだり、楽しいことがいっぱいある森なのに、林業の観点だけで見ると現状では価値がほとんどない。そこをなんとか転換したいと思ったんですね。

飛騨は、釘などを使わずに木材と木材をぴったりつなぐ「組木」や木造建築が有名な土地です。その伝統的な技術と新しいデジタル・ファブリケーション(製造)を組み合わせて多面的に展開していけば、もしかしたら飛騨の森をグンと活性化できるかもしれない。そう考えて、2年前にこの会社を、飛騨とトビムシと共同で作ったんです。

で、事業の1つとして、さっきのバリのグリーンスクールみたいに毎年、日本のすばらしい木造建築を学べる建築キャンプを開催しているんです。3週間の日程で費用は40万円。参加者を募集すると、世界各地の建築科の学生たちが応募してきて、定員がすぐいっぱいになっちゃう。

野尻:講師は誰がやっているの?

:地元の大工さんや木工職人の方です。デジタル・ファブリケーションについては慶應義塾大学の先生にきていただいています。

馬場:いま建築を学んでいる学生は、木のリアルを学んでいないんです。西洋の建築技法を叩(たた)きこまれるから、木造建築をほとんど知らない。だから参加する学生は、すごく新鮮に感じていると思いますよ。

野尻:木造や木工に関する職人さんたちのノウハウとかデザインって廃れつつあったようなイメージがあるよね。でも失われつつあった価値が見直され、新しい価値を付けて提供すれば40万円という対価もちゃんと付いてくるんだよね。

:そう。それからヒダクマでは、組木のさまざまなパターンについて3Dのデータベースを作っています。そういうものを使って、新しい建築のあり方、家具のあり方について一緒に考えることもできるんです。

馬場:組木の「“ほぞ”(接合するためにつくった突起部分)が上手に切れる」というのは職人技だけど、デジタル・ファブリケーションのマシンも活かせば、複雑なほぞも、切れるようになりますよね。

:でも、学生が練習してやってみてもずれるんです。それを大工さんがやると木材と木材がピタッとはまる。すると「やっぱり大工さんはすごい」となるわけ。だからヒダクマの取り組みって、これまでの大工さんを不要にするのではなく、若い建築家たちが「大工さんはすごい」と再認識する接点にもなるんです。

沼津市「INN THE PARK」が日本の突破口に

――最後に国内事例をもう1つ。静岡県沼津市の、泊まれる公園「INN THE PARK」です。もともとは沼津市の「沼津市立少年自然の家」という施設でしたが、使用されなくなって民間に貸し出されています。これは馬場さんが参画しているプロジェクトですね。

馬場:「INN THE PARK」は、使われなくなった公的施設の物件情報を提供している公共R不動産に、「赤字続きの『少年自然の家』の買い手を見つけてほしい」という依頼があって、公共R不動産のウェブ上で募集をかけたのですが、それを見ていたら、なんと僕の会社でも「これ、いいよね」っていうことになって、つい自分たちも応募してしまったんです。そうしたら手を上げたのがうちだけだった(苦笑)。それでうちでやることになってしまった案件です(笑)。

もともとは、小学生が宿泊に使っていた木造の古い建物だったんですが、最小限のリノベーションをほどこしました。ただ、主役はリノベ云々じゃない。目の前にある、広大な公園なんです。「INN THE PARK」は「公園に泊まろう」をテーマにして、公園をどこまで使い倒せるかの実験をやっていきたいと思っています。

野尻:私たちの会社が経営している「トランクホテル」は、実は「出張ホテル」(ラグジュアリーなキャンプなどを現地でこしらえること)もやっているんです。もし、ここで出張ホテルをやったら何千人も連れていけると思う。フェスとかやっちゃってもいいですか?

:フェス、やってほしい! 私、フジロック・フェスティバルにも1度行ってみたいと思っているんだけど、何しろ人が多いでしょう。私くらいの年になると、ちょっと気後れしちゃって。ここで大人向けのフェスとかやってほしいな。

馬場:「公園の中で何が出来るか」という実験には、沼津市も前向きに検討してくれているので、フェスも可能かもしれない。フジロックほど大きな規模ではやれないけれど、ちょっと高い年齢層向けのフェスだったらサイズ的にもちょうどいいですね。フェスの後に、焚き火を囲んで、飲んで、だべって、寝る、という楽しみ方もできる。

:こういう新しい使い方を実現するには、やっぱり所有と利用を分けてもらわないと、なかなか実現しないんですよね。日本でも、沼津市のようなケースを当たり前のようにしたいですね。

本記事は「第8回パブリック・アライアンス・トーク」のライブをもとに再構成したものです。施設のリノベーションなど、パブリック・アライアンスへのお問い合わせはこちら。