初戦に敗れ、あとがない状況で生まれた4つのゴールはいずれも鮮やかで、カウンター、クロス、ニアゾーン攻略、中央打開と、多彩なゴールパターンから生まれた。


3点目を決めたボランチの井上潮音

 タイで開催されているM-150カップ。森保一監督率いるU-20日本代表(東京五輪代表)は12月9日の初戦でタイに1-2と敗れたが、11日に北朝鮮を4-0で撃破し、グループ2位以内を確定。15日に行なわれる決勝、もしくは3位決定戦への進出を決めた。

 完全アウェーだった初戦は雰囲気に飲まれたのか、ミスから2失点を喫したが、メンバーを10人代えて臨んだ北朝鮮戦は、「相手がガツガツ来るイメージがあったので、そこで負けないこと。主導権を握って攻撃できれば必ずチャンスがあると思っていた」とボランチのMF井上潮音(いのうえ・しおん/東京ヴェルディ)が振り返ったように、序盤からチーム全体がトップギアでゲームに入った。そして、5分のMF長沼洋一(モンテディオ山形)の先制点を皮切りに、15分にFW上田綺世(うえだ・あやせ/法政大)、37分に井上、56分にふたたび上田と畳みかけて、北朝鮮をねじ伏せた。

 試合に臨むにあたって指揮官は、選手に「自分の特長を思い切って示してほしい。アピールしてほしい」とリクエストしていたが、この北朝鮮戦は大勝しただけでなく、指揮官の要求どおり、それぞれが個性を発揮したところに価値があった。

 スピードに乗って相手DFの裏を取った長沼は、的確なコース取りでフィニッシュまで持ち込み、ニアのコースを射抜く。「自分のなかではベストだった」と自画自賛の一撃だった。

 その長沼のゴールを浮き球パスでアシストしたMF針谷岳晃(ジュビロ磐田)も、シンプルにボールを動かし、プレービジョンの確かさを証明していた。「途中から持ってしまってアフターを食らうシーンが多かった」のは反省点だが、56分に上田に通した糸をひくようなスルーパスが絶品で、ふたつのアシストはいずれもワンタッチパスだった。もともとワンタッチプレーに定評はあったが、ジュビロ磐田で揉まれて一層磨きがかかった感じだ。

 針谷と中盤でコンビを組んだ井上のプレーも目を引いた。ペナルティエリア内に侵入してマイナスのクロスに合わせて3点目を奪っただけでなく、セカンドボールの奪取や球際での競り合いといった守備面での奮闘も目立った。

 こうしたプレーに「おっ」と思ったのは、前日に井上が「課題は守備とシュートへの意識」と語っていたからだ。自身の課題に取り組み、さっそく結果を出したわけだ。

 普段、コンビを組むのは運動量が豊富なタイプやボール奪取に優れたタイプであることが多いが、この日となりに並んだのは、自身と同じプレーメーカータイプの針谷だった。だから、同じようなプレーをしてもチームのためにならないと考えていたという。

「針谷とは練習中から特長が似てるなって感じていたので、今日は自分が守備で走ったり、球際で戦ったりしようと思っていた」

 ゴールへの意識に関しても、「(今日の相手なら)回しているだけなら誰でもできるな、と思ったので、もっと前に出て行って点に絡む、点を獲ることを意識していました。あと1〜2点獲れるチャンスがあったので、もっと個の力を上げていく必要があると感じました」と自己分析。こうしたコメントにも、井上の意識の高さがうかがえる。

 これまで代表経験がない上田も大きな発見だった。針谷のスルーパスで抜け出した4点目も見事だったが、MF浦田樹(ギラヴァンツ北九州)の左クロスに対し、マークを外して頭で決めた2点目も秀逸だった。

 パスの引き出し方やクロスへの入り方が巧みで、相手DFの視野からの消え方を知っている選手。ちなみに目標とするのは、ラダメル・ファルカオ、フィリッポ・インザーギ、ラウール・ゴンサレスで、「ゴール前のワンタッチで決められるポジショニングと抜け出し、それを見せて(マークを)剥がす能力に長けている選手に魅力を感じる」という、典型的なストライカーだ。

 左サイドから好クロスを何本も供給した浦田、バイタルエリアでボールを引き出し、神出鬼没な動きで相手守備陣を混乱させたMF平戸太貴(FC町田ゼルビア)とMF宮崎幾笑(みやざき・きわら/ツエーゲン金沢)の2シャドー、ガタイのいい北朝鮮アタッカーに引けを取らなかった守備陣と、存分に発揮されたキャラクターが融合して生まれた大勝だった。

 もちろん、北朝鮮がふたりの退場者を出した後半のなかば以降に追加点を奪えなかったのは反省材料のひとつ。また、今回の北朝鮮チームの状況も考慮しなければならない。日本よりもあとにタイに入ったため、暑さに順応し切れておらず、加えて森保監督によれば、このチームから主力4選手がA代表に招集されていて不在だったという。

 実は北朝鮮とは来年1月のU-23アジア選手権でも対戦することが決まっているが、そのときには別のチームになっている可能性も高い。

 だが、それでも指揮官は「内容のところ、自分たちがどう積み上げていくかというところ。メンバーがほぼ代わったなかで選手たちが同じようなことをしようと表現してくれたのはよかった」と、一定の評価を与えた。

 いずれにしても、グループ2位以内を確定させて最終日につなげられたことは、立ち上げられたばかりのチームにとって大きな意味を持つ。指揮官のサッカーに触れる時間が長くなり、アピールする試合が1試合増えたのだから。

 最終日のメンバー選考も、興味深い。初戦と2戦目でアピールに成功した選手たちをシャッフルして送り出すのか、それとも初戦のメンバーを中心にしてもう一度チャンスを与えるのか、または結果を出した2戦目のメンバーを中心にして臨むのか――。

 そのセレクトに、森保監督のチーム作りのスタンスが見えてくる。

◆柴崎岳にはヘタフェがよく似合う。テクニシャンの帰還にファンは大歓声>>>

◆東京五輪代表に残るのは誰か。森保ジャパンのサバイバルが始まった>>>

■サッカー代表記事一覧>>