画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日立情報通信エンジニアリングは、通話内容をテキスト化する音声認識システム「Recware/SA(レックウェア-エス・エー)」を多言語対応し、12月15日から販売開始すると発表した。言語対応は、日本語、英語(米国)に標準対応し、その他は個別対応となる。

Recware/SAでは今回、ニュアンス・コミュニケーションズ社の「Nuance Transcription Engine」を音声認識エンジンとして新たに採用。英語対応オペレーターの業務効率化支援として、通話内容をリアルタイムでテキスト化する。

さらに、応対中の回答補助として関連するFAQや詳細説明へのリンクを自動表示するため、ポップアップ画面を見ながら応対ができる。

また、一般的な辞書にない商品名称や専門用語などは、テキスト形式で容易にユーザー辞書に登録できる。

価格 (税別)は、20席(7ライセンス)で580万円(通話録音システムが別途必要です。また、ハードウェア、一時費用、保守料などは別途必要)。

今後は、対応言語を追加していく予定だという。