画像提供:マイナビニュース

写真拡大

電通デジタルとビービットは12月12日、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用することにより、マーケティングオートメーション(MA)のシナリオをPDCAで支援するメソッドを共同で開発し、同日よりサービス提供を開始すると発表した。

同サービスでは、分析プラットフォームとして「ユーザグラム」を活用し、電通デジタルが各種MAのシナリオPDCA支援をトータルで実施する。具体的には、電通デジタルが強みとする、電通グループ内のマーケティング手法を結集・高度化した"人"基点の統合フレームワーク「People Driven Marketing」を活用したプランニングと施策開発力に加えて、「ユーザグラム」の1人ひとりの顧客のデジタル行動を可視化するという強みを活かすことで、顧客行動分析によるシナリオ策定から配信運用まで一気通貫したPDCA支援を実現するという。

両者ではこれにより、顧客行動に基づいたコミュニケーションシナリオの構築、運用が実現し、顧客の事業成長およびデジタルマーケティングの進化に貢献するとしている。