画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ZMPは12月12日、日本郵便が福島県南相馬市で実施する「配送ロボットの物流分野への活用実現に向けた実証実験」において、自動走行宅配ロボット「CarriRo Delivery(キャリロデリバリー)」を用いた実証実験を実施することを発表した。

ZMPは、自動車の自動運転技術開発で培った自律移動技術を応用して物流のラストワンマイルの課題解消や、日々の買い物を手助けすることを目指し、「歩道を自動で移動する宅配ロボット(CarriRo Delivery)」を開発し、実証実験を進めている。CarriRo Deliveryは宅配ボックスを搭載し、カメラやレーザセンサで周囲環境を 360 度認識しながら最大時速 6km で自動走行し、荷物を目的地へ届けることができる。また、遠隔監視を行うと共に必要に応じて遠隔操作を行うことも可能だ。

今回の実証実験では、ローソンと東北日立と連携し、郵便局、コンビニエンスストア、住宅に見立てた拠点間をCarriRo Deliveryがゆうパックや日用品などを運ぶ。

実験の期間は2017年12月21日午前11時〜12時。場所は南相馬スポーツセンター内トリムコース(福島県南相馬市原町区桜井町2丁目200)だ。