@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

458スペチアーレ後継モデル登場へ

フェラーリ488GTBのハードコア・モデル「488GTO」の開発が進んでいる。目の上のたんこぶは、やはりポルシェ911GT2 RSになるのだろう。


488GTOは、最もドライバー志向のフェラーリとAUTOCARが評価している458スペチアーレの後継モデルとなる。

488にミドシップされる3.9ℓV8ツインターボのブースト圧を高めるなどチューニングを変更し、700馬力超えを目指すことになろう。
 

AUTOCAR予想スペック 0-100km/h:2.7秒か


インテリアは、ドライビングに必ずしも必要とされないものは取り除き、エンジンベイのデッドニングも省略。フロント/サイドウインドウは薄く軽いガラスにし、軽量セラミックブレーキ、鍛造ホイールを採用する。


AUTOCARは予想スペックを、

・車重:1400kg以下
・0-100km/h加速:2.7秒前後
・0-200km/h加速:7.5秒前後

と考えている。

488GTOについてコメントすることをフェラーリは避けている。しかし撮影された車両は、以前よりもカモフラージュが少ないことから、開発の進行は順調と考えられ、2018年中には発表される見込みだ。