(写真提供=SPORTS KOREA)

写真拡大

今年、日本を訪れた韓国人観光客が史上最多を記録することが確定的だという。

12月11日に韓国観光公社が明かしたところによると、今年10月までに訪日した韓国人観光客は583万8600人。昨年の同期間(416万9008人)と比べると、40%増という“日本人気”だ。

韓国美女が日本旅行を広報!?

毎月約60万人の韓国人が日本を訪れているという数字になるが、このまま行けば2017年の訪日韓国人観光客は700万人を突破することが確実視されている。

韓国人美女がおしゃれな日本旅行のイメージ動画を作って話題になるなど、韓国における日本旅行のイメージは非常に良い。

韓国観光公社が調査した満足度においても、日本旅行は86.3%とハワイやグアムといった定番のビーチ旅行にも負けず劣らない数字を叩き出している。

多くの韓国人が日本を訪れているため、「日本の飲食店で“虫テロ”に遭った」などというトラブルも相対的に増えてはいるが、多くの韓国人が日本旅行に大変満足しているわけだ。

日本は“近くてお得な国”

それにしても、なぜ韓国人はこぞって日本旅行を楽しんでいるのだろうか。

複数の韓国メディアの分析をまとめると、韓国人に日本旅行が人気の理由は、「距離の近さ」と「円安ウォン高」だ。つまり韓国人観光客にとって日本は“近くてお得な国”となる。

それでいて、日本は食べ物や観光地、娯楽施設もバリエーション豊かで豊富。とある韓国メディアは「ヨーロッパのように高くて遠いのではなく、近くて値段も手頃なのに十分満足な旅行を楽しむことができるという点が日本旅行の最大の強み」とまとめている。だからこそリピート率も高いのだろう。

最近は典型的な観光地ばかりでなく、日本でもあまり知られていないような穴場を求める韓国人も増えたという。日本に来る韓国人が購入していく人気商品も、どこか生活感に満ち溢れている商品が多く、“知日派”が増えている印象がある。
(参考記事:韓国人観光客が必ず買っていく「日本の商品」BEST 6をご紹介!!

近年の日韓は政治的な葛藤がフォーカスされがちだが、読売新聞と韓国日報との共同世論調査では過半数の韓国人が「日韓関係は今後良くなる」と考えているようで、そういったところも日本旅行が人気の遠因かもしれない。

一方で韓国は自称“観光立国”に…

ただ、訪日韓国人が急増している一方で、韓国を訪れる日本人観光客の増加は鈍い。

『聨合ニュース』は、「今年1〜10月に訪韓した日本人観光客数は昨年と比較して大きな差がない」「今年末までに昨年より0.8%増230万人を少し超えたほどで終わると予想される」と伝えている。

つまり、日本を訪れる韓国人と韓国を訪れる日本人では、3倍もの開きが生じているわけだ。

ちなみに、韓国に訪れる外国人観光客数は今年、前年よりも下がると予想されている。

中国人の団体観光客を訪韓させない“禁韓令”の影響で、中国人観光客が大幅に減った影響が大きいわけだが、減っているのは中国人だけでないのだから、何かしらの対策が必要なのかもしれない。

いずれにしても、日本旅行を楽しんでいる韓国人が大きく増えている昨今。この冬も多くの韓国人が日本を訪れると予想されている。

(文=慎 武宏)