中国人が行きたい国、日本が初首位に。日中関係改善・口コミ寄与

写真拡大

 日本貿易振興機構(ジェトロ)は12日、中国の主要都市の中間層以上を対象にしたアンケートで日本が「今後行きたい国」の1位になったと発表した。日本が首位となるのは2013年の調査開始以来、初めて。前年調査で1位だった米国は2位に後退した。日中関係の改善に加え、日本を訪問したことのある中国人渡航者が口コミで日本の良さを広めていると分析している。

 このアンケートは北京や上海、武漢など中国6都市の20歳―49歳、月収5000元(8万5000円)以上の中間層や富裕層を対象に8月に実施し、1224人から有効回答を得た。複数回答で今後行きたい国を聞いたところ、日本が40・2%を獲得。2位は米国の39・9%、3位はイタリアの37・4%だった。これまで行ったことがある国でも日本が1位で61・1%だった。