小児ぜんそくの診察にあたる東京慈恵会医科大学附属第三病院 小児科の勝沼俊雄医師。


 近年の医療の進歩は著しい。例えば十数年前は、肺がんステージ犬凌巴任鮗けると、治療の効果もむなしく数カ月で亡くなる方が多かったが、今は複数の薬剤開発により、数年単位で予後が延長、改善されてきている。

 こうした医療の進歩には臨床研究が欠かせないが、臨床研究には多くの時間と資金が必要であり、公費による研究の場合は期限があるため、資金不足により研究が完遂できずに打ち切りとなる事例もあるという。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

打ち切られた公的研究費

 東京慈恵会医科大学附属第三病院 小児科の勝沼俊雄医師は、2014年から3年間取り組んできた臨床研究を続けるかどうか頭を悩ませていた。公的研究費の助成期間では十分な症例数の登録に至らず、結果を出せないまま研究費が打ち切りとなった。

 研究内容は、小児ぜんそくの治療薬であるステロイドの吸入を、毎日ではなく、風邪をひいた時や環境が変わる時だけ「間欠吸入(かんけつきゅうにゅう)」することでも効果は変わらないことを証明するもの。

 ぜんそくの罹患(りかん)率は小児・成人とも全体の約5%で、ぜんそくと向き合う子どもは、推定およそ100万人いると言われている。「最小の薬で最大の効果を得る」ことは、患児にとっても保護者にとっても負担が減るとともに、国民全体の医療費の観点からもメリットがある。だが、薬を減らせることを証明する研究のため、製薬企業からの支援を得るのは難しい。

 当初の計画どおりには症例が集まらなかったが、すでに82名の子どもたちが研究に参加してくれている。あと数年あれば結果を出せるが、研究を完遂するためには、数千万円という資金が必要であり、単独で資金調達を試みても、限られた個人や企業にしかアプローチができず、自前ではとても調達できる金額ではなかった。

クラウドファンディングで医療をつなぐ

 周囲に相談していたところ、クラウドファンディングという資金調達の手法を知り、先駆企業であるReadyforを活用し、11月下旬に、研究支援のプロジェクトを立ち上げた。

 勝沼医師は、研究を続けるために1年間に最低限必要な1000万円を、当面の目標金額に設定した。クラウドファンディングのメリットは、より多くの人に課題を知ってもらい、広く理解と支援を募ることができること。研究の意義をできるだけ分かりやすく伝え、一般市民の共感を誘い、「応援したい」と思ってもらうことが重要だ。Readyforの担当者と何度も意見交換を重ね、プロジェクトの概要と支援を募るページを立ち上げた(https://readyfor.jp/projects/difto)。

 ぜんそくの娘を持つ母親であり、都内の企業にフルタイムで勤務する山粼由美さんは、「娘は吸入を嫌がることが多く、母として不憫に思いながらも説得し、吸入させているので、毎日行う必要がないことが分かれば、母子ともに心身の負担が減り助かります」とプロジェクトへの期待を語る。

 勝沼医師自らも12年前、2人の息子がまだ幼いうちに妻を肺がんで亡くし、母親役も務めながら、当時ぜんそくを患っていた次男のケアを経験した。この研究を完遂させ、成果を出すことができれば、ぜんそくに悩む子どもたちの薬を減らすことができ、副作用の不安や薬を投与する負担も軽くできるとともに、保護者らの子育て環境も改善でき、益は大きいと確信している。

研究に取り組む、勝沼医師(左から2番目)とチームの皆さん。


 このプロジェクトのチャレンジは2018年の1月31日まで。チャレンジ期間内に目標金額の1000万円が集まらなければ、支援は成立しない仕組みで、寄付金は支援者に返金される。このプロジェクトが一般市民から、どのくらいの理解と支援が得られるのか注目したい。

 社会的に意義があるにもかかわらず、公費で支えきれない研究を民間の力で完遂させることができたなら、これからの医療の未来はもっと明るくなるに違いない。

筆者:川上 祥子