「十勝さらべつ熱中小学校」の授業


 日本で最も豊かな農家の人たちが住む村と言ってもいい北海道更別村。農地の規模化が進み、1戸あたりの平均耕作面積は43.5ヘクタールと、日本の平均的農家の18倍もある。

 しかも大規模化はまだ進化の途中で最終的には1戸当たり約90ヘクタールと現在の2倍に達するとみられている。

 高級外車に乗り、11月から3月の農閑期には海外へ研修に出かける。日本の農家の憧れと言ってもいいこの村で、静かな改革が始まった。大規模化だけでは農業の自由化時代に生き残れないとの危機感からだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

よそ者が仕かけ人

 仕かけ人はよそ者だった。

 亀井秀樹さん。父親の仕事の関係でオーストラリア・エアーズロックの南、アデレードという町で育ち16歳まで過ごした。

 オーストラリアで中等学校を卒業したのち日本に帰国して青山学院大学を卒業、いくつかの会社を経て国が地方創生の柱の1つに据える地域おこし協力隊に参加して2014年、更別村にやって来た。

 オーストラリアの豊かな自然の中で青少年期を過ごしてきた亀井さんが、更別村に惚れ込むのに時間はかからなかった。しかし、地域おこし協力隊の任期は最大3年。亀井さんにとってはあっと言う間だった。

 更別村に残って村のためにもっと貢献したい――。亀井さんは任期が切れる前に何とか村に残れないか、知恵を絞りアンテナを張り巡らした。

 そこで出会ったのが「熱中小学校」というプロジェクトだった。

 「トヨタの師匠、小学校の校長に 地域を甦らせる『熱中小学校』の取り組みとは」でご紹介したように、高齢化や過疎に悩む地方を甦らせるには何が必要かを考えたとき、人の交流こそがその原動力となるとして始まったプロジェクトだ。

 2015年に山形県の廃校となった小学校からスタート。

 元IBM常務の堀田一芙さん、山形県のNDソフトウェア社長の佐藤廣志さんが意気投合して、「大人が7歳の目で再び社会を見直そう」を合言葉に、東京などの大都市から講師陣を呼び、地域の人たちが学び語り合う中で、地域活性化のアイデアを生み出そうというものである。

 「更別村には豊かな農業がある。過疎に悩む本州の中山間地域に比べれば恵まれてはいる。しかし、大規模化という一本足打法だけでは、変化に対して脆いのではないか」

強いときこそ変革のチャンス

 地域おこし協力隊の活動の中で、亀井さんは更別村の現状をこう分析していた。そして、農家の収入が安定し大規模化がさらに進んでいる今こそ、実は新しいことにチャレンジするチャンスだと考えた。

 熱中小学校の仕かけ人である堀田さんにアプローチする一方、更別村の西山猛村長に猛烈にアピールした。

 「更別村に残ってもっと貢献したい。そのためには熱中小学校の誘致を実現したい。何とか協力してもらえないでしょうか」

 西山村長も亀井さんの地域おこし協力隊としての働きには一目置いており、できれば更別村に残ってほしいと考えていたこともあって、一気にプロジェクトは動き出した。

 亀井さんという世界を知る「よそ者」。そして常に笑顔を絶やさず前向きに進もうとする西山村長という組み合わせが、熱中小学校の誘致の原動力となったのだ。

 熱中小学校とはごく単純に言ってしまえば、よそ者を地方の市町村に集めるプロジェクトである。「よそ者と進取の気性」は地域活性化のキーワードなのだ。

 日本の地方の多くは閉鎖的だからである。よそ者を簡単には受け入れない風土がある。そうした風土のもとで新しことを始めるのは容易ではない。

 米国のシリコンバレーやシンガポールを例に挙げるまでもなく、革新的な成長には外の力が不可欠と言っていい。文化と文化の摩擦の中から新しいものは生み出されていく。

地方創生はよそ者が主役

 日本の地方に目を向けても、例えば以前ご紹介した島根県海士町のケース「海士町を蘇らせた山内道雄町長とは何者か 自分がよそ者の子供だったから、よそ者の気持ちが痛いほど分かる」は、“よそ者”だった町長がさらによそ者を集めて地域活性化に成功した例と言える。

 中には苦労せずともよそ者が集まり活性化しているところもある。過去にご紹介した例では東近江市はその典型例だろう(「市町村合併の欠点を長所に変えた東近江市 よそ者を拒まない進取の気性がアイデアの横展開を可能に」)。

 東近江市は古くから交通の要所であったため、人の出入りが激しい。そのためよそ者を拒む風土が育ちにくかった。結果として市町村合併の負の部分をプラスに転じる作用が生じている。

 もっと大きな例で言えば、京都である。

 「ビジョナリーカンパニー」という言葉が流行った頃、日本経済新聞社のデータベースを使って、上場企業における業績の地域差を調べたことがある。全上場企業を対象に本社所在地ごとに企業のパフォーマンスを比べたのだ。

 出て来た結果は圧倒的1位が京都だった。おそらくその結果は今も変わらないだろう。

 ご承知のように京都には優良企業がいっぱいある。しかもその多くは“よそ者”が作った企業である。鹿児島県出身の稲盛和夫氏が作った京セラ、福井県出身の村田昭氏が作った村田製作所・・・。

 当時、京都企業の取材を重ねたが、日本電産の永守重信氏が語った言葉を今でも忘れない。

 「京都には京都の会社のような顔をしているところがいっぱいあるけど、(大きく強くなった会社で)本当に京都の会社と言えるのはうちだけなんじゃないか」

 永守氏は京都出身なのだ。

 京都には排他的な面がある一方で、新しいものを好み取り入れる文化がある。京都大学の存在も大きく、知の接合点となって強い企業を生み出してきた。

十勝きってのコンサバ村

 更別村に話を戻そう。

 実は更別村は北海道の十勝地方の中でもコンサバティブな文化だという。「私は隣の中札内村出身ですが、隣り合わせの村なのにこうも文化が違うのかと思うことがしばしばです」と更別村役場・企画政策課の今野雅裕係長は話す。

 その理由はいろいろな人に聞いてみたがよく分からない。農業の大規模化による成功が影響している可能性もある。

 いずれにせよ排他的な風土は変革にとって大敵だ。どんな組織、会社、また国であっても唯我独尊に陥った途端、衰退への道が始まる。

 その意味で日本中から様々な分野の専門家を講師として呼び、また生徒も更別村だけではなく隣村、隣町、十勝地方、北海道、そして本州や四国、九州などからも集まる熱中小学校の取り組みは刺激が大きい。

 逆に言えば、コンサバティブな文化が強い地域ほど、熱中小学校の意義が大きいと言える。実際、「十勝さらべつ熱中小学校」は今年4月1日に開校して1年も経たないが、早くも効果が現れている。

 西山猛村長は「熱中小学校にどれほどの効果があるんだろうって最初は思っていました。しかし、始めてみると刺激的で面白いことの連続ですよ。日本中からユニークな人たちが集まる効果にはびっくりしました。東京大学も来てくれたんですから」と話す。

 熱中小学校が縁を結び、東京大学大学院の生態調和農業機構が熱中小学校の“校舎”を間借りしてオフィスを設置、研究をスタートさせたのだ。

 熱中小学校の生徒が持つ農場を借りて、フィールドサーバーと呼ばれるモニタリングロボットを農地に設置、土壌の成分変化を時間ごとに計測していく。これにドローンを飛ばして作物の生育状態を計測、土壌成分の変化と作物の生育具合の関係を見出すという。

 世界のどこにも例のない最先端の研究で、単位面積当たり収穫量の飛躍的な拡大や輪作などの工夫に大きな効果が期待できるそうだ。

コンサバ仮面の下にはチャレンジ精神

更別村の西山猛村長


 一方、更別村では国家戦略特区の第4次指定を目指して「スマート一次産業イノベーション特区」を内閣府に提案。ドローンや農薬の空中散布などの規制緩和でより効率的な農業を実現したい考え。

 「熱中小学校がきっかけとなって次々とアイデアが浮かんでくる」と西山村長は言う。

 西山村長は、5年間更別小学校の校長先生を務めたこともある教育者であることも十勝さらべつ熱中小学校にとっては幸運だったと言えそうだ。

 十勝さらべつ熱中小学校では生徒による食に関する部活動も活発だという。更別村の食材だけでピザを作ろうというピザ部では、ピザに合う小麦の研究と開発を始めている。

 また、豆の生産が日本一の本別町から熱中小学校に通う生徒が中心になって豆研究会も発足、豆を使ったユニークな料理を次々と生み出している。

 東大の誘致や特区の申請、活発な部活動を見るにつけ、更別村は本当にコンサバティブな文化なのだろうかとも思ってしまう。確かに閉鎖的な面は強いのかもしれない。

 しかし、実は仮面を1枚脱ぎ捨てれば、新しいことに貪欲な進取の気性が現れるのではないか。閉鎖的と言われる日本の地方だが、実はそれは表面的なものなのかもしれない。十勝さらべつ熱中小学校の熱気を肌で感じ、そう思わざるを得なかった。

(つづく)

筆者:川嶋 諭