DCコミックが生んだヒーローが活躍する映画『ジャスティス・リーグ』が11月23日から公開されている (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

DCコミックスといえば、バットマン、ワンダーウーマン、サイボーグ、フラッシュ、アクアマンといった、スーパーヒーローを数多く“輩出”してきたコミックスの出版社。「アベンジャーズ」シリーズで有名なマーベルコミックと人気を二分する存在だ。

そのDCコミックスのスーパーヒーローたちを1つの作品に集めてしまった映画が、現在公開中の『ジャスティス・リーグ』である。

ヒーローを集めた“ユニバース”作品が流行


物語はスーパーマン亡き後の世界。世界滅亡の危機を察知したバットマンは、1人では世界を救えないと判断し、超人たちのスカウトを開始する(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

近年の映画界のトレンドは、「ユニバース」という異なる映画に登場するヒーロー、もしくはモンスターたちが、1つの世界観を共有し、その中で活躍する作品だ。たとえばスパイダーマン、アイアンマン、キャプテン・アメリカといったヒーローが勢ぞろいする「マーベル・シネマティック・ユニバース」や、キングコング、ゴジラ、キングギドラといった日米を代表する怪獣たちが対決を繰り広げる「モンスターバース」。そしてドラキュラ、ミイラ男、フランケンシュタインといった往年の怪奇映画をリメークする「ダーク・ユニバース」などが挙げられる。

その流れの1つに、バットマン、ワンダーウーマンといったDCヒーローたちが共闘する「DCユニバース」もある。

こうしたクロスオーバー企画が注目を集めるきっかけとなったのは、2012年公開の『アベンジャーズ』(2012年)であることは言うまでもない。同作は、米国内興業収入6億2335万7910ドル(約700億円、Box Office Mojo調べ)という驚異的な数字をたたき出し、アメリカの歴代興収ランキングにおいても5位につけている。日本でも、「ヒーロー大集合作品」といえば『アベンジャーズ』と連想する人は多い。

彼らの成功の背景には、マーベルの社長も務めるプロデューサー、ケヴィン・ファイギが「マーベル・シネマティック・ユニバース」の世界観の統一を徹底的に図り、そして才能あふれる人材を積極的に起用する確かなビジョンを持っていたところも大きい。


『ワンダーウーマン』は2017年夏映画でも人気を博した(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

マーベルの評判は上々だ。歴代興収ランキングを見ても、ベスト100に入っているマーベル作品の映画は、『アベンジャーズ』を筆頭に16本にもおよぶ。

一方のDC映画は、6位にバットマンを主役とした映画『ダークナイト』(2008年)がランクインしているが、トータルでは6本のみ。その数だけ見ても、ライバルのマーベルコミックの後塵を拝していた感は否めない。

しかし、“先輩格”は、DCコミックス。前身の出版社も含む同社の歴史をひもとくと、スーパーマンが登場したのが1938年で、バットマンは1939年に登場、ワンダーウーマンも1941年に誕生している。マーベルコミック(前身の出版社も含む)は、キャプテン・アメリカこそ1941年に登場しているが、スパイダーマンが1961年、アイアンマンが1963年と、多くが1960年代になってからで、DCのヒーローより”後輩のヒーロー”がほとんどだ。

あらゆるファンを取り込み、新たなキャラも紹介できる


超人的な俊敏性を持ち、タイムトラベルもできるフラッシュ(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ちなみにマーベルのヒーローチーム「アベンジャーズ」は、1963年に登場しているが、「ジャスティス・リーグ」が登場したのは1960年。もっとさかのぼると、フラッシュやグリーンランタンといったヒーローが集まった史上初のヒーローチーム「ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ」は1940年に登場しており、「アベンジャーズ」よりも歴史は古い。

マーベルの成功を横目に見ていたDCやDCファンにとって「ジャスティス・リーグ」がスクリーンに登場することは悲願だった。そこで満を持してスタートさせたのが「DCユニバース」シリーズで、これまでに、『マン・オブ・スティール 』(2013年)、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)、『スーサイド・スクワッド』(2016年)、『ワンダーウーマン』(2017年)といった作品を送りだしてきた。そしてその集大成として送りだしたのが『ジャスティス・リーグ』というわけだ。

「ダークナイト」シリーズをはじめ、これまで10本以上のアメコミ作品をプロデュースしてきた本作プロデューサーのチャールズ・ローブンは、「このジャンルならではの決まり事に敬意を払いながら、再構築する方法を見つけていった。その結果として完成した作品が、新旧問わずあらゆるファンを楽しませるものになったと思う。今回、DCのヒーローたちが初めて集合させたことで、観客にいろいろなキャラクターを紹介することができた。知ってもらえれば、彼らの今後の活躍にも注目してくれる」と、ヒーローを集合させるメリットを語ってくれた。


アクアマンはバットマンの頼みに応じ、世界を救う戦いに参加する(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

『ジャスティス・リーグ』は、これまでにない“痛快さ”も魅力だ。

先行して公開された「DCユニバース」シリーズの作品では、登場するスーパーマンやバットマンが、自らのアイデンティティを模索し、真の正義とは何かを自問する存在として描かれていた。そのため、非常にダークなトーンが映画の世界観を支配していた。

しかし、今回公開された『ジャスティス・リーグ』は、地球を破壊しようとする敵を倒すことに主眼が置かれ、物語のトーンも、非常に明るくなっている。それゆえにファミリー向けにも訴求する作品になったとも言える。

そのシフトチェンジについてプロデューサーのデボラ・スナイダーは「本作のトーンは『マン・オブ・スティール 』や『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』とはかなり違う。『スーサイド・スクワッド』のように、悪党たちがいいことをしようとするような作品はダークなトーンが向いているが、この映画はそうではないの。子どもたちにも観てもらいたいし、われわれの親にも楽しんでもらいたい。もっと幅広い、すべての皆さんを対象とするために作風を考えている」と説明する。

ストーリーを工夫し、“ダーク”なイメージを払拭


バットマンはこの作品の中で、正義のために自己を犠牲にするスーパーマンに影響を受けて、一匹おおかみだった自分とは違う役割の人間になろうと決意する(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ローブンも「前の作品が暗かったというのは、キャラクターが抱えていた状況がそうだったから。バットマンとスーパーマンという、お気に入りのヒーローたちが死闘を繰り広げなければならなかった。それはもちろんお互いの誤解もあったわけだけど、戦いを続ける自分と、悪役との違いは何なのかと自問する。そういう状況ではどうしても暗くなってしまう。暗くしないと真実味がなくなってしまうからね」と続ける。

しかし、キャラクターを、対立構造から共通の敵をつくり、同じベクトルに上手にもっていったことで、新しい流れを生み出すことに成功した。

「今回の映画では、ブルース・ウェイン(=バットマン)が、自分は間違っていたことに気づく。正義のために自己を犠牲にするスーパーマンに影響を受けて、一匹おおかみだった自分とは違う役割の人間になろうと決意する。そこで彼は新しいヒーローを探すことを始める。ブルースが外に向かうことで映画のトーンも変わり、ユーモアが生まれていった」と説明する。


コミックでは1980年に誕生しているが、映画は初登場となるサイボーグ (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

本作では、『アベンジャーズ』シリーズの監督・脚本を手掛けたジョス・ウェドンが脚本に参加。彼は、家族の不幸により、途中降板することになったザック・スナイダーの代わりに監督を引き継いで、本作を完成させた。彼の存在が、本作が明快になった理由の1つなのではないかと言われている。一説によると、途中降板したザック・スナイダーが直前まで手掛けたバージョンは3時間以上あると言われており(本作は120分)、その幻のバージョン(そしてそれはダークな内容なのかもしれない)があるならば観てみたいと望むファンの声も根強い。

ある意味ライバルだった『アベンジャーズ』のクリエーターを招聘した経緯についてローブンは、「ジョスはもうマーベルを辞めていたから、彼の参加には何も問題はなかった。実はジョスには『バットガール』の脚本を書いてもらっていて、監督もやってもらう契約をしていたところだった。そういう意味では、すでに彼もDCユニバースの一員だったというわけだ」と明かす。

スーパーマンとスパイダーマンの”共闘”もある?


2016年からブルース・ウェイン(バットマン)役を演じるベン・アフレック(右)。左はフラッシュ役のエズラ・ミラー(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

そして、「『ジャスティス・リーグ』の仕上げをしていたスナイダー監督は、いくつかのシーンを追加しなくてはいけないことに気づいた。そこで追加するシーンをジョスに書いてもらおうということになった。しかしそんなときにスナイダー監督の家族に悲劇が起こってしまったので、その間に彼に映画を完成させてもらうようお願いしたのが参加した経緯。今回の映画は最初から明るく楽しい感じだったが、スナイダー監督がジョスにお願いしていたシーンは、さらに明るく軽いトーンだった」と、語る。

一方、『アベンジャーズ』の成功や、ファンからの期待がプレッシャーになったと話すのは、プロデューサーのデボラ・スナイダーだ。「ファンは情熱的な思いを抱えている。だから、ふさわしいストーリー、正しい形でなければならないというプレッシャーがあった。しかし、『このようなストーリーでなければならない』と考えて作ってはいないし、他の作品と比較もしない。いつも異なるキャラクターで、異なるストーリーを展開している。マーベル映画も大好きだし、彼らの成功があるから、多くのキャラクターをスクリーンで観たいと思ってもらえるようになった」と語る。

そんな彼女に、「マーベルのアベンジャーズとDCのジャスティス・リーグの共闘ということもあるか」と聞いてみた。当然、「わからない」と答えたが、「けど、その作品の興行成績がどうなるかは見てみたい」と笑ってみせた。

いつの日か、日本のスーパーロボット大戦のような、スーパーマンやスパイダーマンやバットマン、アイアンマンが共闘する「すべてのアメリカンヒーローが大活躍する超大作」が誕生する日が来てもいいかもしれない。