教育現場の描写がリアルだと話題の「先に生まれただけの僕」。12月16日(土)に最終回を迎える(編集部撮影)

「将来役に立たないことをなぜ学校で学ばなければならないのか?」――この問いに答えられる大人が一体どれほどいるだろうか。

「ぼくには夢があるので、大学には進学しません」この高校生の決断に対して、夢を追いかけることを応援し、「大学には行かなくていい!」と言える大人がどれくらいいるだろうか。では、「夢なんて甘ったれたこと言ってないで大学に行け!」という大人は?

「勉強したほうがいい」「夢を持つことは大切だ!」、そんな言葉は世の中にあふれている。しかし、このメッセージの背景や真意に一歩踏み込むと、そこには多くの葛藤がある。だからこそ、その葛藤には触れずに距離を置く。そんなことを聞かれても答えられないから、できるだけ聞かれたくない、それが多くの大人の本音ではないだろうか。

VUCA*の時代が到来し、先行き不透明でこれまでの正解が通用しなくなる中で、若者が持つ「学ぶことの意味」に対する疑問や「将来の夢と大学進学どちらを選ぶか」という悩みに、大人が向き合わなければいけない場面は増えていくだろう。

(*注:不安定で不確実で複雑で曖昧な現代社会を指す言葉。Volatility,Uncertainty,Complexity,Ambiguityの頭文字をとっている)

教育現場も、社会の大きな変化のなかで変革が求められている。主体的に学び、新しい価値を生み出し、自分たちの力で未来を創り出していける生徒を育てていくような、そんな教育が求められている。そういった教育が求められるとき、大人と子ども、先生と生徒の関係はこれまでとは一変する。大人がこれまで培った知識を伝える「伝達者」で、子どもはそれを受けとる「享受者」であれば、大人は「先に生まれた」存在であることでその立場を維持することができ、子どもは疑問を持たずに大人からの指導を受ける。

しかし、みんなが追い求める正解像がなくなり、ITをはじめ次世代のほうが詳しく、しかも可能性の大きな領域がどんどん広がるなかで、子どもたちは「学ぶ意味」や「将来への不安」をストレートに大人にぶつけてくるようになる。そしてこれまで通説だった「いい会社に就職するために勉強するんだ」「安定のためには大学に行け」という回答では彼らは納得しなくなっている。そのとき、大人が「先に生まれた」意味を改めて問われることになる。

教育現場で話題のドラマ「先僕」

現在放送中の日本テレビ『先に生まれただけの僕』は、嵐の櫻井翔さん演じる先生経験ゼロ、営業一筋の会社員が、所属企業の傘下にある私立高校の校長に就任するというストーリーだ。毎回、「スクールカースト」や「デジタル万引き」など学校にまつわる現代の問題を取り上げ、主人公がビジネスの論理を振りかざし解決しようとする。解決策のちぐはぐさや、先生からの反論も大胆に描かれているが、そのリアルさが教育関係者の中で大きな話題になっている。

脚本を手掛けた福田靖氏は、「HERO」「龍馬伝」「海猿」など、数々の人気ドラマや映画を手掛けたヒットメーカーであり、業界では知らない人がいない超有名人だ。


福田氏は今回ドラマの中で、これから多くの大人が出会うであろう葛藤や苦悩を先取りし、そのときのあるべき姿を示してくれているのではないかと思う。ドラマ史に残るヒット作を生み出してきた福田氏が、なぜいまあえて「学園もの」を選んだのか、本人に聞いた。

――今回、ドラマの舞台に学校を選ばれた理由は何でしょうか。

僕はドラマの脚本家なので、面白いドラマをつくるということが大前提なわけです。最初に主演が櫻井翔さんと決まっていて、監督にどんなドラマがいいか聞いたら、「若者の貧困」と返ってきました。


福田 靖(ふくだ やすし)/1962年、山口県徳山市(現・周南市)出身。劇団主宰を経て脚本家デビュー。2001年のテレビドラマ「HERO」で大ヒットを記録し、一躍話題に。その後も「海猿」シリーズや「ガリレオ」シリーズ、NHK大河ドラマ「龍馬伝」など人気作を手掛ける。口述筆記で脚本を創作する日本屈指のヒットメーカー(撮影:今井康一)

「なんだそれ」と思って、そんなことをドラマにできるのかと思いながら調べると、今の大学生がどれだけ大変な状況にいるかが見えてきました。仕送りは平均8万円で、僕が大学生だった35年前と大きく変わらないのに、僕らの頃よりずっと家賃相場は上がっている。今は5、6万の普通のマンションが当たり前、スマホ代もかかる。8万円でやりくりはできないから、当然バイトしなきゃいけない。僕らの頃のバイトは遊ぶためのバイトでしたけど、今の学生は生活のためとか授業料払うための人が多いと聞きました。

そのうえブラックバイトに引っかかったり、バイトのために試験を休んだりという本末転倒なことが起こっていると改めて知り、「あららら、大変だこれは」と思いました。

そういうことを高校の先生って教えているのかなと思い、「学園もの」がいいんじゃないかなと思ったのが始まりです。

20年以上、学園ものは避けてきた

――「学園もの」ではありますが、圧倒的に先生が中心のドラマで、生徒はそこまで出てきません。どうしていまの形になったのですか?

脚本家の仕事を20年以上やってきましたけど、学園ものは避けてきたんです。いじめであったり難しいテーマが多いし、そもそも学園ドラマの数が多い。だいたい破天荒な先生がやってきて、最初はみんな戸惑うけれど、だんだん……というパターン。

僕の娘は今高校2年生ですけど、ちょっとわかったふうに子どもたちのやりとりを書いたところで、「何言っちゃってんの」みたいな感じでばかにされそうなので(笑)。

でも、もう1回ぐらい書いてみようかなと思い、櫻井翔さんで学園ものとなれば、普通に考えれば先生だと。彼は35歳だから、順当にいけば先生になって10年以上経っている設定になる。でも、「将来起こりうる問題を高校で教えてないのではないか?」という問題意識を、長く先生をやっている人に語らせるのは無理だろうと思いました。それで、ビジネスの現場から優秀なやつをポンッと校長として連れてきて、学校経営を立て直す話にしました。

――ドラマで出てくるせりふにリアリティがあると教育現場では話題になっています。どうやって現場の声を脚本に落とし込んでいるのでしょうか。

最初は、世の中の教育についてあまりよくわかっていなかった。だから30人の先生にインタビューし、3校の学校を訪問しました。すると、自分が経験した30年以上前の高校生活とはまったく違うことがわかりました。

取材先の先生から「アクティブラーニングって知ってますか」と聞かれても、「全然知りません」という状態。たまたま同級生が北海道で校長をやっていて、アクティブラーニングを取り入れているというので見に行ったんです。その授業はドラマの中でそのまま使わせていただきました(編集部注:第3話で瀬戸康史さん演じる島津先生が、英語の授業でアクティブラーニングを導入するシーン)。

僕の通っていた高校は進学校ではあったけど、今思うとつまんない授業だったな、よくみんな聴いていたな、と思うような授業でした(笑)。

学校と社会はつながっていない

――かなり探索的にドラマを制作されたのですね。いまの学校教育については、どのようなご意見をお持ちですか。


「HERO」「龍馬伝」といったオリジナル脚本だけでなく、「ガリレオ」や「海猿」シリーズなど、原作が人気の作品も手掛ける(撮影:今井康一)

いろんな先生から話を聞くうちに、なんとなく学校と社会って、ピシッと線がつながってないと感じるようになりました。学校と社会は「就活」という境目で、就活スーツに変わるように、まったく違う価値観にシフトすることを要求されている。

これから先、日本に幸せな未来が待っているとはとても思えないし、人口は減って国力は下がっていきます。そうした事態を避けるためには、ロボットなり移民なりを受け入れていかなきゃいけない現実が将来待っています。

それについて何の危機感も伝えずに、「とりあえず大学入れ」とか「就職なんとかいいところに入れ」とかって言うだけでは、「なんで(現実を)教えてくれなかったんだ」って後から言われるんじゃないかっていう思いが、実感として沸き起こってきました。そのときに、民間企業から来た人間が生徒にリアルな社会の仕組みとかを教えられるっていうことがこのドラマでできるかもしれないと思いました 。

たとえば、ドラマでは奨学金についても取り上げています。奨学金が借金だという認識を高校生は持っているのだろうか、と思ったからです。なんの返済能力もない学生に600万貸すということは普通ありえないのに貸すんですから。

あの回の放送後、「絶対ありえない、(奨学金について)全部説明は受けた」っていう意見もあったし、「まさしく私は説明受けなくて、今大変です」っていう人もいました。いろいろあるんですが、リアルを伝えようと。

――一方、主人公はビジネスの論理を学校に持ち込むものの、うまくいかない経験を何度もしています。第1話で蒼井優演じる真柴先生が「こうしませんか? 校長先生は学校経営を、ビジネスのことだけを考える。私たちは生徒のことを、教育のことだけを考える」と言うシーンは印象的でした。

こっち(ビジネス側)は(学校の先生を)どこか上から見ている部分がある。ドラマの中で鳴海校長は「なんてコスト意識が低いんだ」とか「先生はぬるい」などと言います。学校の先生は生徒の授業料から給料をもらい、そして仕事はいい生徒をつくって社会に送り出すことと考えている。


2018年秋のNHK朝ドラ「まんぷく」の脚本を担当することも決まっている(撮影:今井康一)

「先生にとって生徒はクライアントであり商品なんです。保護者は株主です」というせりふがその表れです。そんな態度で受け入れられるわけがないけれど、(不遜な態度を)主人公もわかってない。

そういうビジネスマンと教員のぶつかり合いによって起こる化学反応をドラマで表現したかった。両者が衝突する中で、だんだんお互いに影響されて歩み寄っていき、自分たちの目標は何かがわかっていく、というストーリーにしようと考えました。

教育現場と社会では「答え」が異なる

――なるほど。実社会で大切にされていることと、教育の世界の中で大切にされていることの本質的な違いによる葛藤もありましたよね。

たとえば、ドラマでデジタル万引き(コンビニなどで雑誌やマンガの中身を盗撮すること)を取り上げた回があります。取材のなかで先生から「デジ万ってご存じですか?」と聞かれて知りました。

デジ万をする生徒は、犯罪だという意識がまったくないそうです。でもやられたらコンビニの店長は頭にくるわけですよ。店長の考え方次第では警察に突き出されます。その先生に「デジ万をした生徒がいたらどう指導します?」と聞いてみました。すると、こういう答えが返ってきたんです。

「どうせ高校生は著作権がどうのと言って説得したって、『悪いことをした』とは思わない。だから、まずそれが犯罪だということを認識させなければいけない。そのために、まず『お前、写メ撮ったんだって? それ犯罪だぞ』って言う。生徒は『僕、やってません』って言うから、『じゃあ携帯電話見せてみろ』って言う。そしたら絶対高校生は『先生に何の権利があって見せなきゃいけないんですか?』って言ってきます。

そしたら『だって、お前は罪を犯したかもしれないからだよ』って言って、『ちょっと待ってくださいよ、電源入れるから』とかなんとか言ってくる。僕は『わかった、わかった。じゃあ後ろ向いているあいだに電源入れろ』と言って後ろを向きます。すると、その間に生徒は絶対に撮影(デジ万)した画像を削除しますよ。で、削除された携帯電話を見て、『先生の勘違いだった。申し訳ない』と、手をついて僕が謝るんです。生徒は『ああ、いいっすよ』って言うから、『その代わりな、勘違いされることするなよ。これは犯罪だからなと言って返します。これで一件落着ですよ」

こんなやり方は教育現場の人しかわからない、すばらしい!と思いました。このエピソードもそのまま使わせていただきました。

しかしここで、鳴海ならどんな対応を取るか考えたとき、やっぱり「デジタル万引きは犯罪だ」と伝えたいんじゃないかと思ったんです。「君たち(生徒)はデジ万した漫画の作家が好きなのかもしれないけど、結果的に君たちの行為はその漫画家を侮辱し、生活できなくさせているんだ」ということをはっきりと言わせようと。

つまり、僕としては2つの案を出しました。両方ともありだと思っています。

正論と正論のぶつかり合いがドラマを生む

――問題に対して画一的な答えを提示しないということですね。なぜでしょうか?


口述筆記で脚本を創作するスタイルを採っている(撮影:今井康一)

いま世の中が曖昧で難しい分、ドラマにはわかりやすさが求められているのかもしれない。ただ、僕は「次はそういうの書きます」とできない。正論と正論のぶつかり合いがドラマを生むと思っています。

たとえば、「夢は必ず叶う」と思っている人に対して、「そうだよね」と賛成するのか、「そんなのあるわけないだろう」と反対するのか。普通に考えれば叶わないんですよ。みんな叶っていたら、夢を叶えた人たちばっかりになっているはずです。じゃあどうするのか、議論することが大事だと思うんです。

今回のドラマで言うなら、校長としては「偏差値を上げたい」「大学受験はさせたい」けれど、それだけじゃないという気持ちもある。この曖昧な部分が、僕はリアルだと思ったんですよね。

――確かに、高校生の純粋な問いに対して「大人が葛藤を見せる」シーンがよく見られます。これも取材からの実話なのでしょうか。

(脚本を書くにあたって)最初は取材メモとかを見ながら書くんですけど、ある程度ドラマが進んでいくと、「僕だったらなんて言うだろう」と考えるようになります。

たとえば、「高校3年生を全員集めてスピーチをする」ことだけが決まっているとして、そこで主人公が何を話すかはノーアイデアです。そうなると「僕はこのドラマで何を書こうとしてるんだろう」とか「鳴海校長(主人公)ならなんて言うだろうか」とかじゃなくて、「僕がこの立場に立ったとしたら何を言うか」って考えだすんですよ。実際、(ドラマの中で)鳴海が高校3年生全員を前に「就職してブラックだったら逃げるか逃げないか、自分で線引きしなきゃダメだ」って話をするんですけど、それは学校の先生が言うべきだと僕が本当に思っていることです。

――蒼井優さん演じる真柴先生の「目の色が変わった生徒たちを見て思ったんです。本当に変わるべきは自分だったんだって。」という言葉には強く感銘を受けました。 ドラマを通して、福田さんが先生に最も届けたいメッセージ何でしょうか?

これからの時代、いい学校に入っていい大学を出ただけじゃ保険のうちに入らないので、いかにタフに生き延びていけるかが大切になります。ブラックな状況に置かれても、逃げるか残るかの判断力とか、とにかくタフに生きていける人間を育てることが大切だと。イコール人間力ですが、人間力を育てるためにはそもそも教師に人間力があるのかどうかが問題になりますよね。で、教師が人間力を持つにはどうしたらいいんだろう、という議論になるわけです。いかに先生たちが社会のことを勉強して、肌で感じて、それを生徒に教えるんだ、伝えるんだという意識を持つかが重要になる。先生の大変さもよくわかったので、簡単じゃないのは重々承知のうえですが。

そのためには、クラブ活動等を分担したり、先生の仕事をもう少し絞っていかないといけないでしょう。もしかすると、授業を教える先生と、そういうの(人間力を育てるために必要なこと)を教える先生とを分けなきゃいけないかもしれない。やはりシステムを変えるべきだなと思いました。

―― 今回の脚本執筆を通して、福田さんご自身の先生に対する考えは変わりましたか?

最終的には、僕はドラマの中で先生という職業を肯定したいと思っています。それを鳴海のセリフのなかに込めました。

取材で「先生になって良かったことはなんですか」って聞いたとき、「大人に対してはいろいろありますけども、少なくとも先生は生徒に対して噓をついちゃいけないこと」と言った先生がいました。


主に執筆は早朝から昼にかけて行う。午後は執筆作業から離れて、プライベートな時間を過ごしている(撮影:今井康一)

――「生徒に正直であること」を良かったこととして語れるのは、すばらしいですね。

もう1つ、取材で聞いてすばらしいと思ったのは、「金持ちになりたくて先生になった人はいません」という言葉です。

ビジネスの世界は華やかで、ロンドンに出張したりすごいかもしれないけれど(注:主人公の恋人は商社勤めで、ロンドン出張など海外でも活躍しているという設定)、先生の仕事はというと、相変わらず生徒が万引きしたとかなんとかで、大変だったりする。でも、先生の仕事ってすばらしいと鳴海が思うようになるストーリーにできたらいいなと思いました。

教育は誰もが通る道だが…

――先生は、「学校でちゃんと教育しているのか」とか「使えない人材を送り込んでくるな」といった社会からの批判にさらされています。先生が抱えている葛藤や苦悩を社会に伝える意図もあったのでしょうか。

それはあります。自分の子どもがどんな授業を受けているのか、そもそも先生がどんな準備をして授業に臨んでいるのかも、たぶん知らないでしょうし。だからやはり、みんなおなじみで、みんなが知っている世界だけど、実はこんなドラマや、こういうぶつかり合いがあるんだよ、ということを、パッと箱を開けて見せたいというのはあります。

(ドラマが始まる前は)教育というのは、誰もが通っていく道だから、そこにお客さんがいないような気はあまりしていなかった。ですが(ふたを開けてみると)いないわけじゃないけれど、問題意識を持っているかどうかは別の話だったり。それが視聴率に表れているのかもしれませんね。

――――このドラマを通して、これからの社会における教育のあり方や次世代になにを残していくかということを考えていくきっかけになればいいですね。

そうですね。この先きつい時代が待っているのは、もう絶対間違いないのに、この国の人たちは社会についてどこかで諦めていて、個人主義に走っている。社会はやばい方向に進んでいるから、せめて自分や家族だけでも難を逃れたいとなっている。子どもは社会の宝と言いながら、実は個人でなんとかしろっていう空気がある気がします。次世代を育てる学校はとても大事なのに、そこに目が向かないのは、そのまま教育に対する視線の数の少なさと同じだと思います。

今後何年かはつらい時代がきっと来るけど、10年後、20年後に盛り返していくためにはやっぱり教育が大事だということをどこかで言わないといけないと思います。

「海猿」のヒットによって海上保安庁に志願する人はもう何倍にも増えたし、そもそも海上保安庁という存在を多くの人に知ってもらえた。「HERO」では、司法試験を受かって検事を志望する人がたくさん増えた。そういう意味ではこういうドラマがよいきっかけになってくれたらいいですね。