小林悠【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-1 中国 E-1選手権】

 日本代表は12日、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会で中国代表と対戦し、2-1で勝利した。

 ゴールネットを揺らした瞬間を振り返った小林悠は、「ホッとしましたね。やっと決められたっていう感じ」と安堵した様子だった。0-0で迎えた84分、自身の得点で試合を動かした。

「(川又)堅碁と最初ワンツーしようと思ったんですけど、堅碁がシュートを打って、こぼれてきたのを1本目相手のGKに当たって、こぼれて、その後うまく流し込めたのかなと。自分の位置とボールの位置とゴールの位置の感覚で打ちました」

 この日はCFで出場し、相手ゴールを何度か脅かしている。また、2列目の選手を活かすために率先して奮闘した。

「自分はなるべく前で体を張って、ボール収めたり、ヘディングで競り合ったり。そういうところはできていた。なかなかゴール決まらなかったので、今日は自分の日じゃないと思ったんですけど、何とか最後決められてよかった」

 韓国との最終戦は優勝がかかる試合だ。小林は「国内組だけですけど、すごくチームの一体感がありますし、最後しっかり勝って終われればいいかなと思います」と意気込みを述べた。

 小林は次戦でも、歓喜を呼び込むゴールを決められるだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部