川又堅碁【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-1 中国 E-1選手権】

 日本代表は12日、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会で中国代表と対戦し、2-1で勝利した。

 初戦に続いて途中出場を果たした川又堅碁は、最前線で身体を張ったプレーから小林悠のゴールに絡んだ。「落ち着いてプレーできることはできているなと思う」と一定の手応えを掴んだ。それでも「チームが結果出ているから嬉しいけど」としつつ「でも結果出てねえ。FWだからね」と自身が無得点に終わったことを悔やんだ。

 仲間のために身を削り、チームの勝利に貢献するプレーは川又の真骨頂であり、今季から加入した磐田でも実践してきた。「ナナさん(名波浩監督)にも俊さん(中村俊輔)にもいっぱい教えてもらったから」と川又。サックスブルーでの経験は確かに活きている。

 今季からチームメイトとなった中村俊輔からは「『お前、もっと練習しろ』って毎日言われるんだから。飯食いに行っても言われる」と明かす。元日本代表10番の天才の言葉を、「怖いんじゃなくて愛があるんだけどね」と受け取っている。

 韓国との最終戦に向けては「マジで勝ちたいです」と言い、こう続けた。

「得点もやけど、優勝のチャンスがあるんで。別に(自分が)ゴール決めんくても。ホントは決めたいけど。ゴール決めなくてもチームに勝利をもたらせるような守備でもいいし、空中戦のヘディングの勝ち負けでも何でもいい。チームが勝って優勝を決定づけるようなことをしたいです。何でもいいです」

 この2試合、川又の存在が流れを変えたのは間違いない。韓国戦でもチャンスは訪れるはずだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部