BOOWYが1987年12月24日に東京・渋谷公会堂でおこなった解散ライブを再編集した『BOOWY 1224-THE ORIGINAL』の映像を上映するイベント『BOOWY 1212-THE ORIGINAL-ONE-NIGHT PREVIEW 1212』が12日、東京と大阪のZeppで開催。東京会場ではBOOWYのドラマー・高橋まこととBOOWYの大ファンとして有名な芸人・ダイノジが登場し、トークをおこなった。

 今年でデビュー35周年を迎えた伝説のロックバンドBOOWY。彼らが1987年12月24日に東京・渋谷公会堂で行い解散を発表した伝説的ライヴが、今年新たに発見されたオリジナル・フィルムを用いて新たに編集され、高画質、高音質、そして、初めての16:9の画角になった完全版『BOOWY 1224-THE ORIGINAL』として12月24日に発売される。

 この日、上映前のトークショーでは、BOOWYのドラマー・高橋まこと、BOOWYの大ファンとして有名な芸人・ダイノジの二人が東京会場に登場し、BOOWYへの思いを語った。

 ダイノジ・大谷ノブ彦より、「(ドラマーとして)後ろからの見てての3人は、どうでしたか?」の質問に、高橋まことは「3人はかっこよかった! バランスがとれたバンドだなって」とメンバーそれぞれのパフォーマンスのマネを披露して会場を盛り上げた。また、今回の新編集された映像については、「前回の編集よりも格段にいいです」とコメント。

 そして、最後にダイノジ・大地洋輔から「もし4人が再び集まって1曲だけ演奏するとしたら?」の問いに「『NO.NEW YORK』か『IMAGE DOWN』かな」と答え、集まった1000人の観客を大いに沸かせた。また、このトークの模様は大阪の同時開催の会場、Zepp 大阪ベイサイドにも中継されており、大阪でも同時に盛り上がった。

 また、12日正午にはデビュー35周年&『BOOWY 1224 -THE ORIGINAL-』の発売を記念して、日本のバンドとしては初となるTwitter Emojiが出現することが発表となり、この影響もあって「#BOOWY1224」が日本のトレンドで3位まで上昇している。

 ※BOOWYの左から3つ目の「O」はストローク符号を付したO。