植田直通【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-1 中国 E-1選手権】

 日本代表は12日、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会で中国代表と対戦し、2-1で勝利した。

 初招集から約3年の時を経て代表デビューを果たした植田直通。本職のCBではなく右サイドバックとしてピッチに立ったが、周囲との連係や好クロスなど見せ場も作った。

 ヴァイッドハリルホジッチ監督はこのディフェンダーについて「長い間我々とともにしてきた」とし、「若いがかなり能力がある」と認めている。このポジションでの起用に関して本人とディスカッションしたことを明かし、植田は「できる」と応えたという。

「植田はしっかりとしたプレーを見せてくれました。ただ、まだ少し相手との距離が遠い時間帯もあった。できるだけ早く相手につきに行ってターンさせないことを習慣化して欲しい」

 指揮官は要求することも忘れなかったが、「いい仕事をしてくれた」と評価もしている。そして「後半はより良くなった。オフェンスでも何回かいい突破をしてくれた。最初は少し難しいと思ったが、私の見たいものが見られた」と述べた。

 持ち前のファイティングスピリットで相手に挑み、攻撃面でもチームに貢献した植田。韓国との最終戦でも出番は訪れるだろうか。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

text by 編集部