ハリル就任以降初のアンカー起用に手応え…今野泰幸「やっていて楽しかった」

写真拡大

 EAFF E-1 サッカー選手権2017 決勝大会・第2戦が12日に行われ、日本代表と中国代表が対戦。小林悠と昌子源の得点で日本が2−1で競り勝った。

 2試合連続フル出場を果たし、中国戦ではアンカーポジションに入った今野泰幸は「比較的、相手も前に来てくれたので、裏にもスペースがあったし、そこをうまく突くことができた。悠も1トップでかなり起点になってくれたので、そこからの2次攻撃、3次攻撃をつなげられたと思います」と振り返った。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の就任以降、アンカーポジションを務めるのは初めて。監督からは「あそこのポジションは渡さないように」との指示があり、「攻撃もあまり前に行かないように。サイドにも流れないように意識しました」と試合後に明かしている。

 その中国戦を終えて「どう評価されるかは分からないですけど、やっていて結構楽しかったです」と今野。続けて「けど、もっとボールをつなげるなと感じる部分は何回もあったんですけど、今日はセーフティーに蹴っていました。その中でもセカンドボールは拾えていたと思います」と課題を手応えを語った。