フレッシュネスが1日限定“完全赤字バーガー”

写真拡大

レストランや居酒屋などでときおり見かける“赤字覚悟”の宣伝文句。原材料、人件費の高騰などに伴い、飲食店の懐事情が厳しくなっているのは確かだが、一方で「“覚悟”っていうけど、どのぐらいの“覚悟”なの?」などとツッコミを入れたくなる人も実は多いのではなかろうか。そんな懐疑心を抱いている人たちにこそぜひ食べてもらいたいのが、フレッシュネスバーガーが12月14日に1日限定で販売する「スペシャルポルチーニトリュフチーズバーガー」だ(※日比谷店で25個限定販売。17時から販売)。

「スペシャルポルチーニトリュフチーズバーガー」の特長は何と言っても、イタリア・アルバ産の白トリュフを約3g使用していること。「たったの3gなの!」などと文句をたれないで欲しい。実はこの白トリュフ、トリュフの中でも最高品質とうたわれており、1kgで何と120万円相当で取引されている超高級品。今回のハンバーガーには約3g使用されているが、トリュフ3gの原価だけで4,000円相当で、ハンバーガーチェーンの中でも比較的原価率が高いと言われているフレッシュネスでさえ、実際に販売するとなると“10,000円超え”確実なハンバーガーなのだ。

それが今回、たったの1,992円で食べられるとなれば、お得以外の何ものでもないだろう。この破格のお値段は、フレッシュネスが1992年に創業し、今年12月14日に創業25周年を迎えることを記念したからこそ。限定25個、しかも日比谷店限定販売(17時から販売)ということもあり、誰もが気軽に味わえる商品ではないが、「絶対に食べてみたい!」という人は12月14日17時の販売開始前に必ずお店に到着するように準備しておこう。

なお、1,992円の価格には、ハンバーガーとグラスワイン(赤or白)が含まれる。また、「スペシャルポルチーニトリュフチーズバーガー」のビーフパティ、野菜などは、現在販売中の「ポルチーニトリュフチーズバーガー」(880円)と同じものだ。