11日、人気ドラマの第2部となる「瑯[王邪]榜(ろうやぼう)之風起長林」の発表会が上海市で行われ、俳優ホアン・シャオミンやリウ・ハオランらメーンキャストが顔をそろえた。

写真拡大

2017年12月11日、人気ドラマの第2部となる「瑯[王邪]榜(ろうやぼう)之風起長林」の発表会が上海市で行われ、俳優ホアン・シャオミン(黄暁明)やリウ・ハオラン(劉昊然)らメーンキャストが顔をそろえた。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

15年の時代劇ドラマ「瑯[王邪]榜―麒麟の才子、風雲起こす―」のシリーズ第2部となるこのドラマ。前作は空前のヒットを記録し、主演俳優フー・ゴー(胡歌)の再ブレーク作品となった。注目の第2部では、前作と同じ脚本家・監督・スタッフが集結。今月18日から中国・東方衛星テレビで放送がスタートする。

11日、ホアン・シャオミンやリウ・ハオラン、女優のトン・リーヤー([イ冬]麗[女亜])らメーンキャストが集結し、上海市で発表会が行われた。

第2部では、前作でも描かれた祇王の遺児・蕭庭生が登場し、その息子たちがストーリーの軸に。長男の蕭平章をホアン・シャオミンが、次男の蕭平旌をリウ・ハオランが演じる。リウ・ハオランは14年の映画「北京愛情故事」で一気に注目された20歳の若手俳優で、第2部はこの蕭家の次男がメーンになるようだ。

大ヒットした前作に続く第2部として、出演者全員に世間からの期待による大きなプレッシャーがかかっている。ホアン・シャオミンによるとプレッシャーもさながら、最初に脚本を見て「演じてみたい」と思った意欲のほうが勝ったとのこと。「好きなスタッフと一緒に仕事をし、好きな役を演じたかった。自分が満足できるかどうかが何より重要だった」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda)