恋愛研究家の六波羅ナオトです。

最近は男女ともに晩婚化が進んでいると言われています。「女性は30歳までに結婚しないと行き遅れ」というのは一昔前も二昔前もの話。30歳台で結婚する女性も珍しくはありません。しかし、40歳を超えても独身でいる女性が、その後結婚したという話はあまり耳にしません。

「行き遅れ」という言葉が正しいとは思いませんが、「独身主義」なのか「ただなんとなく」なのかは不明ですが、なかば諦めている女性が多いように思えます。

筆者の周囲にもそのような女性が多く、色々と話を聞いてみると本人の弁としては「良い相手がいない」と口を揃えて言います。筆者から見ると、どの女性も容姿的には申し分なく、絶世の美女とまでは言わないまでも、決してモテない容姿ではないと感じます。

今回の恋愛メソッドは、そんな決してモテないワケではないのに40歳を過ぎても結婚歴なしの独身女性について考えてみたいと思います。

美人だけど自虐的過ぎて相手にしたくないタイプ

真理子さん(仮名・44歳)は恋愛にも結婚にも前向きで男性との交友関係も幅広く、独身を貫いているのがいまいち不明でした。容姿も美人タイプでメイクなどの身だしなみもしっかりしており、容姿が原因で恋愛や結婚を諦める理由もありません。

真理子さんによくよく話を聞いてみると、恋愛はしているそうですが、結婚までは発展しないとのこと。理由は様々ですが、ここから考えられることは、男性と出会った当時の容姿や振る舞いでは好感をもたれていると言うこと。つまり、男性からは「つきあう対象」であるにも関わらず、交際を続けて行くと「結婚する対象」ではなくなってしまう。

要するに、相手との距離が近づいたときに真理子さんの言動や振る舞いになにか問題があるのではないかと仮定できたのでした。さらに話を聞き進めていると、「私が結婚できないのはオバサンだから」とか「こんなオバサンだれも相手にしてくれない」というネガティブ発言が目立ってきます。真理子さんのSNSを覗いてみると、同様な自虐ネタが節々にみられることに気づきました。また、真理子さんと親しい友人に話を聞いてみると、日常的に仕事に対する愚痴や加齢による容姿の劣化についてネガティブなことばかりを発しているとのこと。

これでは男性や彼氏からみると「オレがつきあっている相手はそんなオバサンなのかよ」と、辟易してしまいます。筆者は本連載で何度も言及していますが、加齢による自虐ネタが通じるのは男性だけです。「こんなオバサン」と女性が自虐ネタを披露したところで、痛いだけ。特に男性から見ると、その時点で恋愛対象からは外れる可能性が高いです。男性としては、つきあうなら、何歳になっても女性であることを忘れず、ツヤのあるカワイイ彼女でいて欲しいからです。

面食い過ぎた美女

千佳さん(仮名・46歳)は、フラワーアレンジメントの教室を経営していて、自身も講師として働いています。46歳という年齢にも関わらず、活動的で職業柄とても社交的。筆者にも心置きなくホンネを打ち明けてくれます。見た目は、美女タイプで若い頃はさぞかしモテたんだろうなぁというのは容易に想像がつきます。

千佳さんがこじらせている原因は、ご本人から語られました。「私は、極度の面食いなんです」と。どういう顔が好みなのかを尋ねると、出てくる名前は全てジャニーズのタレント。もちろん、「ジャニタレの誰々くんが好み」というのは一切否定しません。男性もモデルやアイドルが好みということはよくある話です。ところが、千佳さんの場合は、「ガチでつきあうならジャニタレクラスのルックスじゃないとダメ!」という勢いなのです。

男性からすると、これだけの美貌を持ちながらも、面食いのおかげで数々の素敵な出会いをスルーするなんてもったいないと思いますが、凡人からは想像できないポリシーが千佳さんにはあるのでしょう。

千佳さんとしては、結婚は諦めておらず何歳になっても、自分好みのルックスを持った男性との出会いを待ち続けるそうです。

40代になると、「この歳まで一人だったんだから、結婚するなら自分が満足しない結婚なんて……」と、自虐と理想の葛藤に悩む独身女性も多いとか。

その2では、カワイイ系だけどこじらせている女子と、自分らしさを追求し続けた結果、全く男子ウケしない女子になってしまった実例を紹介します。だいぶ極端な例かもしれませんが、実際にあった例として読んで頂ければ幸いです。〜その2〜に続きます。